フォト

コンタクト

1行紹介

クジラの町、和歌山県太地町にある国内で唯一“クジラ”をテーマにした博物館です。クジラについて学び、ふれあうことができる体験型施設となっております。

自己紹介文

くじらの博物館本館ではクジラの骨格標本や生態、捕鯨に関する資料など1000点以上を展示しています。さらに、ショープールや自然プール、海洋水族館マリナリュウムに7種類の鯨類、魚類の飼育・展示も行っており、鯨類の種類数は日本一!イルカ・クジラショーをはじめ、触れ合うイベントが盛りだくさん!大人も子供も楽しむことができ、クジラについて学べる博物館と水族館の両方を兼ね備えた施設となっております。

【くじらの博物館本館】
1階 ~大ホール~
セミクジラやシャチなど様々な実物全身骨格標本がむかえてくれます。

2階 ~生物学的にみたクジラ~
世界中の海に80種類以上いるといわれるクジラたち。その不思議な生態を豊富な生態資料の展示で紹介します。クジラの耳垢など珍しい資料もたくさん展示しています。

3階 ~人とクジラとの関わり~
太地町は、捕鯨発祥の町としておよそ400年の捕鯨の歴史を歩んできました。その歴史を様々な捕鯨道具や絵巻など多くの捕鯨資料の展示で振り返ります。

【イルカショープール】
バンドウイルカ、カマイルカが繰り広げる軽快なイルカショー!
各ショー後には簡単にイルカに触ることができるふれあいイベント「イルカにタッチ」を行っています。お客様のカメラでスタッフがお撮りすることもできます。
「イルカのトレーナー体験」も実施しております。

【クジラショーエリア】
ゴンドウクジラによる豪快なショー。2種類~3種類のクジラが出演し、イルカとは一味違ったパフォーマンスを見せてくれます。

【ふれあいの海】
ガラスや仕切りのない桟橋の上から、間近にイルカやクジラを観察できます。イベントに参加されないお客様も写真撮影や観察をお楽しみいただけます。各種イベントも盛りだくさん。

【海洋水族館マリナリュウム】
180度見渡せるトンネル水槽では、熊野灘の魚とともにマダライルカやスジイルカなど珍しいイルカを観察することができます。
また、熊野灘で見られる魚を中心に、29の小型水槽の展示も行っています。

●入館料
一般(高校生以上) 1,500円
小中学生      800円
幼児以下      無料

●開館時間
8:30~17:00 年中無休(臨時休館あり)

●ショータイム
イルカショー  9:30 11:15 13:15 15:15

クジラショー 10:15 12:15 14:15 16:00
※天候及び、動物状況により中止することがあります。

●ふれあいイベント(各種別料金、定員、参加条件あり)
【イルカにタッチ】
ステージに上がったイルカに簡単に触ることができます。お客様のカメラでスタッフが写真をお撮りいたします。 

【イルカのトレーナー体験】
イルカショーのステージに立って実際に動物にサインを出すことができます。

【餌あげ体験】
イルカやクジラたちに餌をあげることができます。

【ビーチでふれあい】
胴長ブーツを履いて海に入り、イルカと触れ合うことができます。

【カヤックアドベンチャー】
クジラたちがいる海をカヤックに乗って冒険します。

【ふれあいスイム】
ウェットスーツを着て一緒に動物と泳ぎます。
※要予約 3月~」11月の季節限定

〒649-5171
和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2
TEL0735-59-2400
開館時間8:30~17:00(年中無休)