フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

2017年3月12日 (日)

獣医師(職員)募集のお知らせ

くじらの博物館では、飼育動物(一部魚類)の健康管理及び治療業務に従事していただく、獣医師(職員)を募集いたします。

【業務内容】 飼育鯨類の健康管理及び治療業務
         飼育全般(一部、魚類を含む)及び接客

【応募資格】 獣医師免許取得者または平成29年4月までに取得見込みの方

【採用人数】 1名

【勤務開始】 随時(応相談)

なお、締め切りは採用が決まり次第、募集を終了します。

その他詳しい情報はこちらをご覧ください。

http://www.kujirakan.jp/news02.html

お問い合わせは、くじらの博物館 鯨類飼育採用担当までお問い合わせください。

TEL:0735-59-2400(8:30~17:00)

2017年2月18日 (土)

「南紀田辺ビーチサイドドルフィンin扇ヶ浜2017」開催決定! スタッフ募集

今年も和歌山県田辺市扇ヶ浜で行われる、イルカふれあいイベント「南紀田辺ビーチサイドドルフィンin扇ヶ浜2017」の開催が決定いたしました。

1
このイベントは2009年から行われ、くじらの博物館で飼育されているイルカたちが毎年参加しています。昨年はオスのマダライルカ「カイ」と「ペレ」が頑張ってくれました。


毎年運営を行っているのはトレーナー未経験の方たちです。
このイベントに向け、くじらの博物館で約1か月間研修をし、イルカの飼育について実際の現場で学び、イルカの訓練にも参加していただきました。

2
その多くは、イルカのトレーナーを目指す学生たちです。
研修期間中はくじらの博物館のトレーナーが
指導を行います。


通常、トレーナー未経験の方にイルカの飼育をお任せする事はほぼありません。
現地ではお客様への対応なども行うため、大変責任のある仕事となります。


学生のうちからイルカの訓練などをはじめとする管理の方法を学べる大変貴重な機会となっています。

3
このイベント開催にあたり、イルカ飼育スタッフとして勤務いただけるアルバイトスタッフを現在募集しています。

ご希望の方は、応募要項等をご確認の上、南紀みらい株式会社(0739-25-8230)までお問い合わせください。
※太地町立くじらの博物館では受付を行っておりませんので、ご注意ください。

南紀みらい株式会社HP→http://www.nanki-mirai.jp/index.html

募集要項はこちら→http://www.nanki-mirai.jp/irukaboshuyoko.pdf

4

たくさんのご応募お待ちしております!

※写真は昨年の様子です。イルカの種類やイベントの詳細は変更する可能性がありますのでご了承ください。

2017年2月 4日 (土)

ツノクラゲ採集に行ってきました!

お久しぶりです!
今年もブログを更新していきますので、よろしくお願いします!

今年初の話題は、クジラ…ではなく、クラゲについてです(笑)

その名も「ツノクラゲ」。
1

よく見ると体表全体にツノの様な突起が複数あり、これが名前の由来となっています。

クラゲは
95%以上が水分でできているので、体が非常に柔らかいのですが…
このツノクラゲは他のクラゲと比較しても、比べ物にならないくらい柔らかいのです!
本当にちょっとした水流でも体が崩れてしまいますw(゚o゚)w
最近、太地の海でちょくちょく見かけるこのクラゲ。
飼育できるか分かりませんでしたが、とりあえず採集してみることに。

準備するのはこちらです。
2

ひしゃくと入れ物(クーラーボックス)です。
ひしゃくはクラゲ採集では必須アイテムなんですよ!
短いものと長いものを用意して行きます。

トラックでツノクラゲが目撃された場所まで行くと…
3

ツノクラゲがいました!
海で見ると目立たないので見逃してしまいそうですね。

4

採集しようとしますが…なかなかひしゃくに入ってくれません\(;゚∇゚)/
体が柔らかすぎて、すくおうとすると崩れてしまったり、ひしゃくから滑るように出て行ってしまったりします。
飼育スタッフも四苦八苦です。
そこで、ひしゃくはクラゲの近くから入水させるのではなく、少し距離のある所で入水させてゆっくり近づいてみました。
5

ゆっくりゆっくり近づいて、下から救うようにしてみると、うまくひしゃくに入ってくれました(゚▽゚*)
クーラーボックスに入れる時や運ぶ時もゆっくりゆっくりと…
揺れや水流を出さないようにして、水槽まで運び、ようやく展示することができました!
6
長期展示が難しいクラゲなので、お早めにご覧ください!

2016年12月28日 (水)

年末年始特別企画 マダライルカのイルカショーデビュー!

マダライルカは飼育が難しいため水族館であまり見ることのできない種類ですが、当館では長期飼育に成功しています。
以前ブログでご紹介した世界飼育最長記録更新中の「ククナ」をはじめ、全部で7頭のマダライルカを飼育しています!

マダライルカはバンドウイルカと比べると非常に小さく、とても可愛らしいイルカです!
イルカショーで活躍しているバンドウイルカのチェリーとピュアリーが体長約270cm、体重約250kgに対し、今回ご紹介するマダライルカたちは体長約180cm、体重約70kgほどですw(゚o゚)w

皆さんにもマダライルカの魅力をもっと知ってほしい!という思いから、年末年始特別企画としてマダライルカのイルカショー参加を決定しました(*^-^)
この企画はバンドウイルカやカマイルカが参加している、通常のイルカショー中にマダライルカのパフォーマンスを行うというものです。

参加してくれるのはオスの「ペレ」「カイ」「ノア」「リオ」です。
1
(左:「ペレ」、右:「カイ」)

22
(左:「ノア」、右:「リオ」)

以前から地道に練習を積み重ね、ついにショーに参加できるまでになりました
(*゚▽゚)ノ
見どころは、4頭の息が合ったジャンプです!
3

体が水面から出るので、その大きさが分かります。
小さくてかわいいですね~(*´v`*)
また、ボールを吻先でタッチするハイジャンプもショーで見ることができます。
4

生態や特徴を紹介してくれるナレーションにも要注目です!

このショーは年末年始限定ですので、日にちをチェックしてくださいね。

【実施期間】20161230日(金)~201713日(火)
【実施時間】9:3011:1513:1515:15からのイルカショー中(14回)
【実施場所】イルカショープール

マダライルカたちの可愛らしいパフォーマンスは必見ですよ!

ご来館お待ちしておりますヽ(´▽`)/

2016年11月 1日 (火)

ハナゴンドウ「レン」 近況報告!

今回は久しぶりにハナゴンドウ「レン」についてです!
「レン」は昨年415日に生まれ、16か月を無事に迎えることができましたo(*^▽^*)o
今はホッケやイカなどを1日に7kg9kgも食べています。

1

母親「ニール」からの授乳の回数も少しずつ減ってきて、母乳よりもエサから栄養を多くとっているようです。

バンドウイルカでは生後
3ヶ月程で歯が生えてきますが、「レン」は16か月になっても歯が見えず、いつ生えてくるのか気になっていました。
そして、ついに!1026日に歯が生えてきました(゚▽゚*)
下の写真は「レン」の口の中で、矢印の先にあるのが生えてきた歯です。
2

手で触るとプツっとした硬い感触がありますが、まだまだ小さくてよく観察しないと見えません。
しかし毎日観察していると、少しずつ歯が出てきているのがわかります。
これから他の歯もどんどん生えてくると思いますので、また近況をブログやFacebookでご報告したいと思います!

トレーニングも少しずつ進んでいます。

以前ブログで「レン」の近況を報告した際は、遊びでのみジャンプをしていました。
しかし、今はトレーナーのサインでジャンプができるようになりました(*゚▽゚)ノ
3 トレーナーと息を合わせて…
4

ジャンプ!
まだまだ高さはありませんが、大きくなった体を持ち上げてジャンプしています。

歯も生え始め、なんだか一人前になってきている様にも見えますが、まだまだ母親「ニール」に甘えています。

独り立ちはもう少し先になりそうですね。
5

(手前:「ニール」、奥:「レン」)

«契約職員募集のお知らせ