フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

「くじらと出会える海水浴場」中止のお知らせ

7月14日から開催している「くじらと出会える海水浴場」ですが、本日から8月2日(予定)まで  悪天候により中止とさせていただくことになりました。

昨日の夕方から台風の影響により、濁りやうねりがひどく、波が高くなってきたためクジラを  海水浴場で飼育するのは困難と判断し、本日の夕方にハナゴンドウ達を博物館内のイケス  に避難させました。

今後の台風の進路によっては中止期間が延びる可能性もありますのでご了承ください。

この期間に来場予定の皆様には大変申し訳ございません。

再開のめどがたちましたら、またブログ内でお知らせいたします。

クジラ達の安全の為にもご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

2012年7月27日 (金)

頑張ってます!コット&リノ

先日、和歌山県田辺市で開催されている「南紀田辺ビーチサイドドルフィン」へ見学に行ってきました。

定期的に博物館のスタッフが訪問して、イルカ達の健康チェックや現地のトレーナーの指導などを行っているのですが、今回は突撃訪問!

Photo_3 やってますね~。
ここでのトレーナーは博物館で研修をした学生トレーナー達なんです。

さあ、イベントが始まったようです。
Photo_4 トレーナー達は少し緊張気味?でしたが、イルカ達はしっかりイベントに参加していました。
とっても元気で環境にもすっかり慣れた様子でエサもしっかり食べているとのこと。

最後にコットのジャンプ!
Photo_6 イベントに参加したお客様もとても喜んでいました(o^-^o)

もう7月も終わりですが、忙しくなるのはまだまだこれから!

現地のスタッフの方々、学生トレーナーのみんな!暑い日が続きますが、コットとリノをよろしくお願いいたします!

博物館のスタッフ一同応援していますww

2012年7月26日 (木)

大好評!くじら浜海水浴場

梅雨も明けて、暑い日が続く中みなさんどうお過ごしですか?

夏休みにも入った方が多く、「くじらと出会える海水浴場」は大盛況です!

初日からの3連休は予想以上のお客様に来ていただきました。
しかし、肝心のハナゴンドウ達は多くのお客様に驚き気味…。
なかなかお客様の近くへ行こうとせず、心配しましたが現在はお客様の間をスイスイ~

Photo すっかり慣れた様子で、積極的に近づいて行くこともあります。

Photo_2 こんな近くで見れることもあるんですよ♪

気分が乗らない時もありますので、その際はご了承くださいm(_ _)m

「くじらと出会える海水浴場」は8月20日までです。
みなさんもぜひクジラ達に会いに来てあげてください!

~これから来る予定のみなさまへ~
こちらのイベントではクジラに触ったりすることはできません。
無理に追いかけたり、驚かせたりしないようにご協力お願いいたします。

2012年7月25日 (水)

目指せ、ドルフィントレーナー!!

2012年春からスタートしました新プログラム「イルカのトレーナー体験」

ショーステージでイルカにサインを出して動かすことができるイベントです。

夏休みということで参加されるお客様も増えてきました。

ですがイルカを動かすのはなかなか難しく、イルカがサインを見間違えたり、集中力がきれてやる気をなくしたりと、私たち飼育員も手を焼くことがあります(苦笑)

今日、参加して頂いたお客様はジャンプや握手など5つの種目に挑戦!

Dscn0121

Dscn0127_2

見事、動かすことができました!

Dscn0131

最後に、担当したバンドウイルカの「チェリー」と記念撮影

イルカも私たちも、しっかり練習して皆様をお待ちしております!

2012年7月21日 (土)

今日はクジラの身体測定

クジラの太り痩せはどのようにみるでしょうか。

日常の観察からもある程度わかりますが、くじらの博物館では月に一度、背びれ前の胴回りを測っています。

P1030255

上の写真はカマイルカの胴回りを計測している様子。日ごろの訓練から動物に協力してもらい簡単に計測することができます。

では、気になるクジラの胴回りは?

小型のイルカ、マダライルカの「ククナ」は93cm、

ずんぐりとした体型のコビレゴンドウの「ヴィータ」は207cmでした。

種類や大きさによって全然違います。

肥満状況の把握は餌の量を決めるうえでもとても重要、健康管理には欠かせません。

2012年7月14日 (土)

クジラたちの子育て

6月5日に生まれたオキゴンドウの赤ちゃんは生後40日目を迎えます。

現在はふれあい桟橋から右側のエリアで親子で泳ぐ姿を観察することができ、
とても元気なようです。

Photo 上の写真は赤ちゃんが泳ぐ様子ですが…

みなさんお気づきですか?

隣で赤ちゃんと一緒に泳いでいるのは実はお母さんではありません。
マロンというメスのハナゴンドウなんです。

そのころお母さんはというと…

I ひとりでジャンプ中。
さすが4m以上もあるお母さん!でかいです(笑)

クジラやイルカの多くは群れで生活しているため、子育ては群れのメス同士が助け合いながら行います。今回生まれたオキゴンドウの赤ちゃんにも種類が違うにもかからわらず、メスのハナゴンドウのマロンや二ールが面倒を見てくれています。お母さんも彼らを信頼して預けているようです。

マロンや二ールも数年前に自分の子どもを亡くしているせいか積極的に赤ちゃんのそばにいることが多いです。

時にはこんな姿も↓
Photo_2 種類を超えて子育てをするクジラたち。
無事に育ってほしい思いは私たちもクジラたちも同じようです。

ふれあいの海で見るクジラたちの子育てをみなさんも観察してみては?

日本初!マダライルカ、イルカショーにデビュー!!

飼育が難しいことから、なかなか水族館では見ることができないマダライルカ、ショーに参加するのは日本初!マダライルカの特徴や生態を軽快な種目とともに紹介しています。

Dsc_0719

まだまだ先輩のバンドウイルカやカマイルカには及びませんが、小さい体を生かした機敏な動きで楽しませてくれます。バンドウイルカ、カマイルカ、マダライルカ、3種類のイルカが活躍するイルカショー、夏休み期間中の企画です。ぜひご覧になってください。

~マダライルカ~
世界中の温帯から熱帯域に生息しています。最大体長は2.6m、体重は120kgほどの小型のハクジラの仲間です。特徴は細長い吻と全身に見られる白と黒の斑点模様。大きな群れで行動し、とても活発なイルカです。マダライルカの飼育は難しく、長期間の飼育は成功していません。

2012年7月13日 (金)

明日から水中ショー★

梅雨が明けず雨ばかりの日々ですが、明日から夏休みなんですよね!

夏休み期間中、クジラショーに水中種目が加わりますww

今日も雨の中でも練習です。

Imgp4623クジラの上に乗るのは結構難しいのです…

おもにオキゴンドウとコビレゴンドウが水中種目を披露します。
その日に誰が登場するかはお楽しみです♪

Imgp4632オキゴンドウのヘイルが出演時にはランディングも披露! ポーズもばっちりです。

梅雨空を吹き飛ばす水中ショーお見逃しなく!

クジラ達と息を合わせて頑張ります(^-^;

2012年7月12日 (木)

海水浴場へ引越しです。

今年もこの季節がやってきました!

夏休み期間の7月14日(土)から8月20日(月)に開催される”くじらに出会える海水浴場”の 準備作業として、主役のハナゴンドウ2頭の引越しが行われました。

”くじらに出会える海水浴場”は博物館の隣にある「くじら浜海水浴場」に特設イケスを設置し、隣接するステージからクジラを観察できるほか、1日2回海にクジラを開放して海水浴をしながらクジラを観察できるイベントを予定しており、今年で5年目を迎えます。

14日のオープンにそなえ、早朝から2頭の引越し作業が始まりました。
P1030193_2              クレーンで吊り上げられたハナゴンドウ

博物館からほんの数分の移動ですが、クジラ達の引越しはとっても大がかり!
慎重に作業が進み、無事に2頭をイケスに運ぶことができました。

Kujirahama_2 移動してすぐは慣れないイケスに少し戸惑っていましたがエサはしっかり食べてくれました(笑)環境に早く慣れてもらい、お客様に見て頂けるように一緒に頑張っていきたいと思います。

夏休みはぜひ”くじら浜海水浴場”へ!
クジラたちがお待ちしております。

博物館にもぜひ♪

なお、このイベントは悪天候時・動物の体調不良時には展示を変更・中止することがありますのでご了承ください。

詳しくはHPへ!

2012年7月 7日 (土)

頑張ってね!コット&リノ

7/14(土)~8/19(日)に開催される「南紀田辺ビーチサイドドルフィンin扇ヶ浜」に参加するため、バンドウイルカの”コット”と”リノ”がくじらの博物館を旅立ちました。

コットとリノは2009年に搬入されたメスのバンドウイルカたちで、今年で2回目の参加と
なります。今年も参加が決まり、訓練をかさねてきました。

Photo_2              左がリノで右がコットです。

そのための搬出作業が6日の早朝から博物館のスタッフと南紀みらいのスタッフの方々総出で行われ、採血や体重測定などの健康チェックを終えコンテナに収容し大型トラックに乗せられ、無事に博物館を出発しました。

Photo              コンテナに収容されたコット

まず始めに取り上げられたコットはコンテナ収容までとてもおとなしく、先にトラックへ。

次のリノの取り上げはダイバー4人がかりでも捕まらず、やっと捕まえても担架に乗せる前に
逃げてしまったりと大暴れ…コンテナの中でも落ち着かずとても大変でした。

2頭を乗せたトラックは田辺市扇ヶ浜へ!

向こうでたくさんのお客様と元気にふれあうことができるように博物館から祈ってます。

コット、リノ!頑張ってね!

★南紀田辺ビーチサイドドルフィンin扇ヶ浜
開催期間:2012/7/14(土)~8/19(日)
開催時間:AM10:00~PM6:00 ※受付はPM5:30まで
料金:イルカ島入場料【¥500】
※天候その他の事情、イルカの体調等により予定を変更することがあります。
詳しくはこちら

2012年7月 5日 (木)

オキゴンドウの「ヘイル」、本にてデビュー!

くじらの博物館のオキゴンドウ「ヘイル」が「もっと!ほんとのおおきさ水族館」(学研教育出版)に掲載されました。

P1030090_2

この本は、生き物を実物大写真で紹介している「ほんとの大きさシリーズ」の水族館編です。今回は水族館の生き物第2段ということで、くじらの博物館からはオキゴンドウが紹介されました。

P1030096

掲載されたオキゴンドウの「ヘイル」は体長350cm、体重400kgのオスです。本からはみ出すスケールの「ヘイル」は見開きで紹介されています。黒い頭に大きな口と尖った歯、迫力満点のオキゴンドウ、必見です。

1ヶ月!~オキゴンドウの赤ちゃん~

6月5日に生まれたオキゴンドウの赤ちゃんは7月5日で生後1ヶ月を迎えました!

日本の水族館でオキゴンドウの出産例はわずか4例程しかなく
最長7年、その次は13日という記録が残っているだけで1ヶ月を迎えたことは非常に
珍しいことです。

現在は、お母さんから離れて泳いだり、まだまだ低いですがジャンプをしたりと…
さまざまな行動が観察されています。

2012_07_03
体つきもだいぶ太ってきたせいか、体のしわも目立たなくなってきました。

お母さんは1日に30kg以上の餌を食べており、とても食欲が旺盛です。
ずっと赤ちゃんの面倒を見る姿に子育ては大変だなと日々感じています。

これからの成長が楽しみな赤ちゃんを皆さんも見守っていてくださいね!

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »