フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« 博物館の舞台裏③ ~血液検査~ | トップページ | 博物館の舞台裏⑤ ~イケスの秘密~ »

2012年10月27日 (土)

博物館の舞台裏④ ~投薬~

博物館の舞台裏シリーズ第4弾!
今回はクジラやイルカたちに与える薬についてのお話です。

私たち人間も風邪を引いたり、お腹を壊したりしたら風邪薬や胃腸薬を飲んだりしますよね?
もちろん、クジラやイルカたちも体調を崩した時には薬を与えて治療を行います。

クジラ用の薬があるの?とお客様に聞かれることもあるのですが、ほとんどの薬はなんと   人間用なんです。Photo この写真で動物用の薬は黄色いビタミン剤だけ。
他は全て人間用。抗生剤、消化酵素剤、整腸剤などさまざまな効能の薬を準備しています。

動物たちは「お腹が痛い!」や「熱があってだるい…」なんて言ってくれません。

日々の行動観察や食欲、体温測定、血液検査などで症状を判断し、獣医さんが薬を決めます。

そして薬のあげ方!
そのままではなく魚に詰めて丸飲みさせるんです(゚д゚;)
Photo_2 大好きな魚ごと飲んでくれるので薬をあげることに関しては比較的簡単です。
でも、食欲がなかったり、エサを不信に思ってしまった時はこの方法での投薬は難しいことも あります(^-^;

多くは↑の方法で投薬をしますが、こんな方法も↓
2m程あるカテーテルを使用し、胃まで直接流し込む方法です。主に水分補給の為に行われていました。

2_2これも"ハズバンダリー”。コビレゴンドウのロンは長ーい管をノドから胃へ入れられてもちゃんとおとなしくしてくれます。

ロンは長い間貧血が続いていていて、以前は錠剤の薬を魚に詰めて投薬を行っていたのですが、なかなか貧血が改善しませんでした。

「もしかして薬が消化される前に魚ごと吐き出しているのでは?」
もしそうだとしたら薬をあげている意味がありません。そこで粉状にした薬を水に混ぜて与えたところ、次の検査では大幅な改善がみられました。

ロンは吐き戻し癖もあったので薬が十分に行きわたっていなかったのかもしれません。このように、投薬の種類や方法など獣医さんと飼育係のチームワークでお互いが動物の状態を把握して臨機応変の治療を行っています。

以上、動物たちの投薬について紹介しましたがおわかりいただけましたでしょうか?

次回は、博物館の自然プールに浮かぶ"イケス”についてのお話♪
お楽しみに!

« 博物館の舞台裏③ ~血液検査~ | トップページ | 博物館の舞台裏⑤ ~イケスの秘密~ »

健康管理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。