フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« マリナリュウムお引越しレポート ~その1~ | トップページ | マリナリュウムお引越しレポート ~その3~ »

2013年5月16日 (木)

マリナリュウムお引越しレポート ~その2~

お引越しレポート、第2弾です!

誰もいなくなったマリナリュウムの大水槽。
今度、引っ越してきたのは小型の種類のマダライルカたち!

今年の2月に搬入されたどちらもオスの「ノア」と「リオ」

大水槽でマダライルカを飼育するのは当館では初めての試みです。

マダライルカは飼育が難しく、少しの環境の変化で体調を崩したり、エサを受け付けなくなったりすることが多いので、慎重に作業が行われました。

さあ、環境に慣れてくれるか、どのような動きをするのか…「ノア」と「リオ」と飼育スタッフの初体験 レポートです!

まず、健康チェックを終えた2頭が収容されているトラックが運ばれてきました。

1_2
ここから、人力で大水槽まで運びます。
小さな種類といっても、体長は約170cm・体重は90kg近くあります。
スタッフ6人がかりで運びます。

呼吸をしているか確認しながら、階段を上って屋上へ…
さあ、いよいよ大水槽へ放します。

2_2
先にに下ろされた「ノア」

3_3
いきなり放してしまうとパニックになって泳げなくなってしまったり、壁にぶつかってしまう恐れがあるため、ダイバーが遊泳を補助し、周りの環境を確かめさせながらゆっくり放します。

まず、「ノア」は大丈夫そうです。
すぐに「リオ」の移動へ!

残りの「リオ」も到着し、一緒になった2頭はすぐに寄り添って泳いでくれました。

4_2
パニックになっていないか心配しましたが、広い大水槽をスイスイ!
エサも食べて、ジャンプや尾ビレ打ち行動など、なんだか楽しそうです。

2頭の適応能力の高さにスタッフも驚きました。

5_2
マダライルカと言っても、まだマダラ模様がほとんどない若いイルカたち。

トンネル下からマダライルカを見ることができるのは、日本で当館だけですよ!
まだまだ環境に慣れていない2頭ですが、温かく見守っていきたと思います。

お越しの際はぜひ、マリナリュウムへ!
小さなイルカたちがお待ちしています(◎´∀`)ノ

まだまだ、お引越しレポートは続きます!
お楽しみに~★

« マリナリュウムお引越しレポート ~その1~ | トップページ | マリナリュウムお引越しレポート ~その3~ »

マリナリュウム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。