フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

ハナゴンドウ「シロ」がショーに復帰!

みなさん、こんにちは!
前々回、ハナゴンドウの「シロ」についてお知らせしましたが、ついにシロがショーに復帰しました!

6
4ヶ月休んでいたとは思えないジャンプを披露してくれました。
一足先にショーに復帰していた同じハナゴンドウの「マロン」も一緒ですヽ(´▽`)/

1_2
久しぶりに、3種類5頭でのショーが見れました!!
ハナゴンドウが加わったことで、少し乱れてしまいましたが少しずつ他の2種類と息を合わせてくれるでしょう♪

2
隣のふれあいの海で元気に餌あげ体験に参加するなど、体調に問題がないことからショー復帰が決まりました。

シロはくじらの博物館で飼育されている動物たちの中で一番高く飛ぶことができます。
そのジャンプの高さにお客様もびっくりされていて、歓声も上がっていました。シロのジャンプをまた見ることができて本当に良かったです。

3
おまけにマロンのジャンプも。
マロンもジャンプの高さが上がってきました。訓練ではシロに負けないぐらいのジャンプができるんですよ!今はスピンジャンプの訓練を頑張っています♪

5
そしてー!!この回のショーではハイジャンプも披露してくれました。
惜しくもはずれてしまいましたが、高さもあってとてもダイナミックでしたよ!
久しぶりにショーに出演したシロはとてもやる気満々!担当するトレーナーとの息もピッタリでした。

でも、毎日ショーに出る訳にはいきませんので、体調やショーの意欲などを考慮しながら出演する機会を増やしていきたいと思います。

みなさんもシロのジャンプを見に来てあげて下さいね(*゚▽゚)ノ

2013年9月18日 (水)

台風が去った後…

みなさん、台風は大丈夫でしたか?

実は今回の台風の影響でクジラショーエリアとふれあいの海を仕切っている網が波の影響で壊れてしまいました。

1
ふれあいの海にいたバンドウイルカの「カイト」やハナゴンドウの「ニール」が倒れた網を越えてクジラショーエリアへ行ったり来たりしていました…(;;;´Д`)

2
このままではショーができませんし、動物たちも危険なのでこの日はクジラショーが中止となってしまいました。

次の日に設備担当の方々と、トレーナーがダイバーとなって仕切り網の復旧作業が行われました。

3
新しい支柱を立て、破れた部分を直し、夕方には元通りになりました。

4
約3日間クジラショーが中止となってしまったのは久しぶりでした。
この間にご来館くださったお客様、大変申し訳ございませんでした。

今日はクジラショーが再開し、クジラたちも久しぶりの外を楽しそうに泳いでいました。

6
外に出た瞬間、大はしゃぎ♪
特にコビレゴンドウの「ヴィータ」とオキゴンドウの「キース」はハイテンション!

ショーも意欲があり、海が濁っているにも関わらず、はりきってジャンプしていました。

7
3日間もイケスの中で退屈していたのかもしれませんね(*^-^)
このまま真面目にショーをしてくれるといいんですが(笑)

動物に被害がなくて本当に良かったです。

2013年9月15日 (日)

シロくん元気になりました!

台風の影響で太地町の天気は大荒れです(;д;)

今日は午後から各ショーが中止となりました。
ご来館いただいたお客様、大変申し訳ありませんでした。

早く台風が去ってくれるといいのですが…

さて今回は、当館で一番長く飼育しているオスのハナゴンドウ「シロ」についてのお話です。

1
実は5月中旬から体調を崩し、ショーを休んでふれあいの海内のイケスで療養していました。

お客様からも「シロくんは?」と聞かれることもあり、心配されていた方も多かったようです。

最近は体調も良くなり、痩せていた体も戻ってきたので、まずはふれあいイベントから参加してもらうことにしました。

2
普段のシロはふれあいイベントにあまり興味がなく、積極的に参加することはなかったのですが、久しぶりの外ということで楽しそうに参加していました。

3
つづいては餌の時間をかねてジャンプなどの種目に挑戦。
なんと、ショーに参加していた時と変わらない高さのジャンプをしてくれました!
4ヶ月も休んでいたとは思えないシロのジャンプに私たちはとても驚きました。

他にもスピンジャンプや速泳もばっちり。

でも、「さっそくショー!」という訳にはいかないので、様子を見ながらショー参加も考えていきたいと思います。

4
この3連休に多くのお客様に元気な姿を見ていただきたかったのですが、まさかの台風…残念です(;д;)

元気になったシロにみなさんもまた会いに来てあげて下さいね!
私たちもショーでジャンプを披露するシロを見るのがとても楽しみです。

2013年9月 6日 (金)

“遊ぶ”大切さ。

マリナリュウムで8月31日まで開催されていた特別企画の「熊野灘ウォッチング」が終了し、スジイルカやマダライルカたちはどこかのんびりしているこの頃。

1
スジイルカの「ホーク」ものんびり~
撮影しているのも気付かず、寝ながら泳いでいました。

エサの時間も1日4回。
トレーナーと関わる時間も少なくなりがちでした。

実は、少し前から魚を追いかけてくわえようとしたり、壁に追い詰めたり…と魚をいじめてしまう行動が目立ち、魚類の担当者をヤキモキさせていました。
どうやらターゲットの魚を決めて遊んでいるようです。時には食べてしまうことも…(;ω;)

このままでは魚たちに悪影響が出てしまいます。
そこで行ったのが遊ぶ時間を増やすこと!

3
マダライルカの「ククナ」は水中で遊んでもらうのが超大好き!!
ものすごく甘えてきます。

2
ときにはトレーナーの上に乗っかってきたり、他のマダライルカと遊んでいると間に割って入るなど、もみくちゃになることもありました(;;;´Д`)

4
抱きかかえたりしてもまったく動じないククナはぬいぐるみ状態。
本当に遊んで欲しかったようですヽ(´▽`)/

エサをあげたり、訓練するだけじゃなく、このように“遊ぶ”ことも大切なコミュニケーションの一つなんですよ。

他のマダライルカたちは最初は怖がっていましたが、慣れた今は楽しそうです(*^-^)

ククナのアタックがひどいときはうらやましそうにしています。
遊ぶトレーナーを増やさなくてはいけません…( ̄Д ̄;;

一方、スジイルカのホークは見ているだけ…トレーナーの近くに行くのがまだ怖いようです。
いつ来てくれるかなと楽しみです。

5
イルカたちが退屈しないような環境を目指してこれからも頑張ります!

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »