フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« ハナゴンドウたちの引越し ~くじら浜から博物館に帰るまで~ | トップページ | シロくん元気になりました! »

2013年9月 6日 (金)

“遊ぶ”大切さ。

マリナリュウムで8月31日まで開催されていた特別企画の「熊野灘ウォッチング」が終了し、スジイルカやマダライルカたちはどこかのんびりしているこの頃。

1
スジイルカの「ホーク」ものんびり~
撮影しているのも気付かず、寝ながら泳いでいました。

エサの時間も1日4回。
トレーナーと関わる時間も少なくなりがちでした。

実は、少し前から魚を追いかけてくわえようとしたり、壁に追い詰めたり…と魚をいじめてしまう行動が目立ち、魚類の担当者をヤキモキさせていました。
どうやらターゲットの魚を決めて遊んでいるようです。時には食べてしまうことも…(;ω;)

このままでは魚たちに悪影響が出てしまいます。
そこで行ったのが遊ぶ時間を増やすこと!

3
マダライルカの「ククナ」は水中で遊んでもらうのが超大好き!!
ものすごく甘えてきます。

2
ときにはトレーナーの上に乗っかってきたり、他のマダライルカと遊んでいると間に割って入るなど、もみくちゃになることもありました(;;;´Д`)

4
抱きかかえたりしてもまったく動じないククナはぬいぐるみ状態。
本当に遊んで欲しかったようですヽ(´▽`)/

エサをあげたり、訓練するだけじゃなく、このように“遊ぶ”ことも大切なコミュニケーションの一つなんですよ。

他のマダライルカたちは最初は怖がっていましたが、慣れた今は楽しそうです(*^-^)

ククナのアタックがひどいときはうらやましそうにしています。
遊ぶトレーナーを増やさなくてはいけません…( ̄Д ̄;;

一方、スジイルカのホークは見ているだけ…トレーナーの近くに行くのがまだ怖いようです。
いつ来てくれるかなと楽しみです。

5
イルカたちが退屈しないような環境を目指してこれからも頑張ります!

« ハナゴンドウたちの引越し ~くじら浜から博物館に帰るまで~ | トップページ | シロくん元気になりました! »

マリナリュウム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。