フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月26日 (土)

ハナゴンドウの赤ちゃんが生まれました!!

当館で飼育しているメスのハナゴンドウ「ニール」が出産しました!
本日の早朝、親子で遊泳しているのが確認されました。

1n
5日ほど前から体温の低下がみられ、食欲がなくなるなどの出産の兆候が出始め、同じメスのハナゴンドウ「マロン」をサポート役として同居させ、観察を続けてきました。

2n
現在はふれあいの海で親子の泳ぐ姿をご覧いただけます。

ハナゴンドウの国内の出産例はこの赤ちゃんで5例目で、くじらの博物館では3例目となります。母親の「ニール」は2度目の出産となりますが、1度目に出産した赤ちゃんはわずか1週間で死亡しています。

3n
今度こそ無事に育ってくれるように、見守って生きたいと思います。

2013年10月24日 (木)

イルカショーで活躍中!チェリーとイージー

ブログの更新が遅くなってしまいました!申し訳ございませんm(_ _)m

最近の太地町は悪天候続き…海も荒れっぱなしでショーやイベントが中止になるほどです。
今週も台風の影響が心配です。早く天候が良くなってくれるといいのですが(;´д`)

悪天候続きのため、室内で動物たちの資料の整理をしていたところ、メスのバンドウイルカ「チェリー」が飼育されてもうすぐ11年、「イージー」が10年を迎えているのに気がつきました(;゚∇゚)/

J

チェリーとイージーはふれあいイベント“イルカにタッチ”に参加していますので、触ったり間近で見た方も多いと思います。

今回はそんな2頭についてご紹介します!

イルカショープールのリーダー的存在(ボス?)のチェリーは2002年12月に搬入されました。
我慢強い性格で、"イルカにタッチ"で長時間ステージの上に乗っていてもへっちゃら!

2
得意種目は“ハードルジャンプ”!

Photo

最近ではイージーと2頭で披露することもあります。
気まぐれなところもありますが、しっかり者です。

続いてイージーは、おてんばな性格でチェリーよりも気まぐれです(笑)

Photo_5
種目を覚えるのが早かったことから「イージー(easy)」という名前になったそうなんですが、扱うのが難しいので「ディフィカルト(difficult)」なんて呼ばれることもありました(゚ー゚;

得意種目はスピンジャンプです!

Photo_2
チェリーよりもスマートな体つきをしていて、右目の上に小さな白い傷跡があるのが特徴です。

2頭はステージに上がる“ランディング遊び”が大好きなんです。

P1050638
見たことがある方も多いのではないでしょうか?
おそらく、ステージに体をこすり付けるのが気持ち良いようです。
トレーナーがステージを通りがかったり、掃除をしていると「何やってんの~?」と見に来たりもします。

Photo
数年前…イージーが覚えたばかりのランディングが楽しかったようで、私たちが帰った後にステージに上がってしまい、そのままプールへ帰れなくなり、朝の見回り時に乾いた状態で発見される…なんてこともありました(@Д@;
あの夜、少し雨が降っていて本当によかったです…

この記事を書くにあたって、チェリーってどんな性格だったっけ…イージーったらこんなことあったねーと改めて振り返る機会にもなりました。

Photo_3
これからも2頭が元気にショーで活躍できるように息を合わせて頑張っていきたいと思います。

2013年10月 9日 (水)

マダライルカの「ククナ」も飼育5周年!

前回スジイルカの「ホーク」が飼育2年目を迎えたのをお知らせしましたが、マダライルカの「ククナ」も飼育5年目を迎えたので、最近のククナの様子をお伝えします♪

メスのマダライルカ「ククナ」は2008年9月に当館にやってきました。
搬入時の体長は169cmでしたが、現在は187cmまでに成長しマリナリュウムで元気に暮らしています。

この写真は2009年9月のククナの顔です。

2009_09
現在のククナの顔は…

P1090842
わかりにくいですが、下あごのまだら模様が増えているのがわかりますか?

このマダライルカの名前の由来にもなっている“まだら模様”。
この模様は年齢を重ねるごとに増えていきます。搬入時はまだら模様がほとんどありませんでしたが、年々増えてきています。

お腹側もこのとおり↓

Hara
年齢が若い同じマダライルカの「ノア」や「リオ」と比べると一目で模様の多さがわかりますので観察してみてくださいね。

ククナはマリナリュウムに引っ越してくるまではイルカショープールで生活していました。
去年の夏には期間限定でイルカショーにデビューも果たしています。マダライルカのショー参加は日本で初めてだったんですよ!

P1000587
マリナリュウムに引越しをした今はスジイルカの「ホーク」に負けないぐらいのジャンプができるようになっています!

P1090835
時間が合えば屋上から見れるかもしれませんヽ(´▽`)/

P1090856
毎日担当のトレーナーと訓練頑張っていますよ♪

以前、ククナは水中で遊んでもらうのが大好きとブログ内でご紹介したことがありましたが、先日は一般のダイバーの方と“ドルフィンダイビング”を行いました。
現在、イベントとしてできるかどうか串本のダイビングショップの方と検討しているところなんですよ。

Dive
ダイバーにも驚かず、「触って!」と甘えまっくてました。
仲間のノアやリオも楽しそうにダイバーの方に遊んでもらっていました!
ホークは見ているだけでしたが(^-^;

“ドルフィンダイビング”についてはまたブログ内でお知らせします。

飼育5年目を迎えたククナは国内の飼育記録も更新中です。

飼育事例の少ない種類のマダライルカ。
これからもこのイルカの素晴らしさを伝えていきたいと思います。

2013年10月 4日 (金)

スジイルカの「ホーク」が飼育2年目を迎えました。

本日10月4日でスジイルカの「ホーク」が当館にやってきて2年がたちました。

非常に神経質で飼育が困難とされているスジイルカですが、現在はマリナリュウムでマダライルカとともに元気に暮らしています。

4
種目の訓練も進み、回転ダンスや握手などができるようになりました。
特に得意なのはジャンプ!!

3_2
上にぶつかってしまいそうなくらい高いジャンプができるんですよ!
現在はコーラスの訓練を頑張っています。

1
そして、健康管理には欠かせない受診動作の訓練も進み、最近では体温測定が安定してできるようになり、先日初めて採血ができました!!

2
採血結果も問題なし(o^-^o)
初めは尾ビレどころか体にさえなかなか触らせてくれなかったのでとても大変だったようです。

マリナリュウムに引越ししてすぐはマダライルカたちから仲間外れにされていましたが、最近はすっかり仲良し♪胸ビレでお互いの体を触ったり、こすり合ったりしている姿はとても微笑ましいですよ。

6
スジイルカを飼育しているのは世界でくじらの博物館だけ。
すじ模様が美しいその姿をみなさんも一度見に来てくださいね!

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »