フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月24日 (木)

頑張ってます!カマイルカのいぶき

昨年12月にご紹介したオスのカマイルカ「いぶき」。

Ibuki1
あれから4カ月がたち、現在も担当トレーナーとトレーニングに励んでいます。
最近の成長ぶりをご紹介します!

トレーニングの時間にいぶきの様子を見に行くと…

Ibuki2
どうやら元気いっぱいのようです(笑)
前回は体温測定の練習をしていましたが、できるようになったのでしょうか?

Ibuki9
ちゃんとできるようになっていましたヽ(´▽`)/
体温計のプローブを肛門に入れてもじっとしていましたよ。

そして、なんと採血姿勢もできるようになっていました!

Ibuki5
ハズバンダリーのトレーニングは順調なようです。

続いては回転ダンスに!

Ibuki8
ジャンプまで!

Ibuki3
いぶきの成長ぶりにとても驚かされました。

いろいろ種目はできるようになっていますが、いぶきと担当トレーナーの次の課題は“ショーデビュー”です!

現在は、隣のメインプールへ行くためのゲート訓練を行ってるんですよ。

先日メインプールに誘導で入ってしまった際は戻ってこれず、急きょ捕まえてサブプールに戻す…ということもありました。
めげずに頑張ってほしいですね(゚ー゚;

落ち着かないことも多かったそうですが、真面目で頑張り屋さんないぶきの能力をこのまま伸ばし続けてもらいたいと思います。
ショーにデビューできる日も近いでしょう!

Ibuki4
みなさん、これからもカマイルカのいぶきを応援してあげて下さいね!!

「小型イルカのフィーディングタイム」のご案内

みなさんこんにちは!気温もだいぶ暖かくなり、お出かけ日和のぽかぽか陽気となってきましたね(*^-^)
さて、もうすぐ待ちに待ったGW♪・・・ということで、今回はマリナリュウムで行われるイベントのご案内をしたいと思います。

当館奥にあります海洋水族館マリナリュウムにて、「小型イルカのフィーディングタイム」を実施致します。イルカたちの生態や特徴を、パフォーマンスを交えながら飼育員が解説します。

現在マリナリュウムでは、3種類のイルカを飼育しています。

吻先からのびる筋模様が美しいスジイルカPhoto_5 
体中のまだら模様が特徴的なマダライルカMadrairuka
1月に仲間入りしたばかりのアルビノのバンドウイルカPhoto_6
スジイルカとマダライルカは飼育が大変難しく、水族館ではではあまり見ることのできないイルカたちです。また、こちらも大変珍しいアルビノのバンドウイルカ、だいぶ環境にも慣れてきたようで、元気に成長中です。

是非この機会にイルカたちに会いに来てくださいね!

*******************************************************************

「小型イルカのフィーディングタイム」

開催日 : 4月26日(土)~5月6日(火)
時間   : 16:30~(約10分)
場所    :  海洋水族館マリナリュウム屋上

2014年4月 7日 (月)

はじめまして!アイサです。

ブログの更新が大変遅くなってしまい、大変申し訳ございませんでした…
これを反省にもっと頑張りますので応援よろしくお願いします!!

さて、みなさん。実は海洋水族館マリナリュウムの大水槽にはスジイルカが2頭いるのをご存知でしょうか?

オスの「ホーク」のことをご存知の方は多いと思いますが、今回はメスの「アイサ」についてご紹介していきたいと思います。

Aisa1
ホークより一回り小さいメスのアイサ。飼育日記初登場です!

おとなしい性格で大水槽内でもあまり目立たない存在でした。1月にアルビノのバンドウイルカが搬入されてからはさらに存在感が薄くなってしまいました(;´Д`A

スジイルカを2頭も飼育しているのは世界でも当館だけなのでかなり珍しいことなのですけどね。

アイサは昨年11月に搬入されました。
スジイルカはとても神経質な性格で、環境が変化するとパニックを起こしやすいため飼育をするのは難しいイルカとされてきました。

アイサは搬入時から落ち着いていて目立った問題もなく、179㎝だった体長も182㎝に成長し、今月で飼育半年を迎えました。
たまにエサを食べなくなり、私たちを心配させることがありますが元気に暮らしています。

現在、アイサは顔上げの訓練を頑張っています!

Aisa2
担当トレーナーいわく、真面目でお堅い性格とのこと。

まだまだ顔は上がっていませんが、トレーナーの目の前で止まってエサを食べることができるようになりました。トレーナーの前から流されてしまっても自ら戻ってくるそうです(笑)

最近は頭や吻先を触らせてくれるようになりました。

Aisa3_2
1月に搬入した写真奥のアルビノのバンドウイルカは触ることができるようになっているのに対し、半年もたっているアイサはこれがやっとです。

種類によって慣れていくスピードが違うんだなと感じる瞬間でした。

それはイルカ同士でも共通するようで…
基本1頭でいることが多いアイサ。

Aisa4
でも、お客様の姿には興味があるようです(^-^)
じーっと観察…

Aisa5_2
遊んで欲しいわけではなさそうですが、よくアクリル面に寄っていく姿が観察されます。

Aisa6
左奥がアイサ。手前右側にいるのがマダライルカのリオです。
控えめにお客様を観察します…

とてもクールなアイサですが、みんなと一緒に泳ぐことが増えてきたんですよ。

Aisa003
マダライルカの「ククナ」や「リオ」と泳いだり、ラビングする行動が観察されるようになってきています。
同じ種類のホークはもっぱらアルビノのバンドウイルカとベタベタで、アイサにはあまり興味がないようです。

みなさんも、マリナリュウムにお越しの際はスジイルカの「アイサ」にも注目してあげてくださいね。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »