フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

今年もやります!クジラの歯磨き

6月4日から10日は、日本歯科医師会が実施している「歯と口の健康週間」です!
くじらの博物館では、啓発活動の一環として「クジラの歯磨き」のパフォーマンスを行います。

2

このパフォーマンスは毎年この期間にあわせて行っており、今年で6回目を迎えました。
歯磨きを披露するのはコビレゴンドウ、ハナゴンドウ、オキゴンドウの3種類のゴンドウクジラたち。

歯の大切さを伝えるとともに、種類によって異なる歯の数や形などの紹介も行います。

1
歯磨きに向けて毎日練習しているんですよ。

それでは1種類ずつご紹介しますので、歯を磨きながらクジラたちの口の中を見てみましょう!

まずはコビレゴンドウ。

3
歯磨きをしてもらっているのはメスの「ヴィータ」です。
コビレゴンドウは短く先のとがった歯をしています。上下合わせて約30本の歯があごの前方の方に生えています。自然界ではイカを中心に食べており、吸い込む力を使ってイカを捕まえるため、歯はあまり大きくありません。

次はハナゴンドウ。

4
わかりますでしょうか?
下あごの先端にしか歯が生えていないんです。10本程度の歯が生えるだけで、上あごには歯が生えないんです。
ハナゴンドウの主食もイカ。イカを中心に食べるクジラの仲間は歯の数が少ない傾向があります。ちなみに写真の「マロン」は歯が6本しかありません。

最後はオキゴンドウ。

5
他の2種類とは違い、大きく頑丈そうな歯をしていますよね。上下合わせて約40本生えています。
自然界ではマグロなどの大型魚や小型のイルカまで襲って食べることがあります。
大きな獲物をくわえたり、引きちぎったりするのに適した歯をしています。

6
この「クジラの歯磨き」のパフォーマンスは6月2日から10日の8日間、毎クジラショー終了後に行いますので、ご来館の際はぜひご覧くださいね!

みなさんも、これを機会に歯を大切にしましょう!

2014年5月17日 (土)

改めまして「スピカ」です!

アルビノのバンドウイルカを搬入してから4カ月がたちました。
元気いっぱいで、毎日トレーニングに励んでいます。

Dscf1063
そして、彼女の愛称が決定いたしました。「スピカ」です!
スピカという愛称は「おとめ座の中で一番明るく輝く白い星」から命名しました。明るく元気に輝いてほしいというスタッフみんなの願いが込められています。

そんなスピカですが、近ごろ掃除をするダイバーにいたずらしたり、ジャンプをするようになったりとだいぶ環境に慣れてきたようです。

Imgp9701
もう、掃除ができないほどです。
とても楽しそうな顔をしていますよね…(゚ー゚;

意外といたずらっ子なスピカ。
でも、トレーニングの時間はまじめに頑張っています。

Imgp2836
顔上げの練習はもちろんのこと、最近は“握手”ができるようになりました。

Imgp9825
さらに、尾ビレも触らせてくれるようになったんですよ。

Imgp9822
尾ビレを持たせてもらうことは、ハズバンダリーにつながる大事な種目のひとつ。
受診動作で体温測定や採血ができる日は近いかもしれません(o^-^o)

Imgp9887
マダライルカやスジイルカたちに囲まれて、毎日楽しそうなスピカ。
みなさん、これからも「スピカ」をよろしくお願いします!

2014年5月10日 (土)

ハナゴンドウ「ハウト」死亡のお知らせ

ハナゴンドウ「ハウト」死亡のお知らせ

当館で飼育しておりました、オスのハナゴンドウ「ハウト」が昨日死亡しましたことをご報告いたします。

解剖した結果、消化器官の捻転が確認されました。
死亡原因については現在調査中です。
前日まで食欲、行動ともに問題がなかったため、突然のことに大変驚いております。

これまで、ハウトを見守っていただいた多くの皆様に心よりお礼申し上げます。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »