フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« 改めまして「スピカ」です! | トップページ | スジイルカのアイサの近状 »

2014年5月30日 (金)

今年もやります!クジラの歯磨き

6月4日から10日は、日本歯科医師会が実施している「歯と口の健康週間」です!
くじらの博物館では、啓発活動の一環として「クジラの歯磨き」のパフォーマンスを行います。

2

このパフォーマンスは毎年この期間にあわせて行っており、今年で6回目を迎えました。
歯磨きを披露するのはコビレゴンドウ、ハナゴンドウ、オキゴンドウの3種類のゴンドウクジラたち。

歯の大切さを伝えるとともに、種類によって異なる歯の数や形などの紹介も行います。

1
歯磨きに向けて毎日練習しているんですよ。

それでは1種類ずつご紹介しますので、歯を磨きながらクジラたちの口の中を見てみましょう!

まずはコビレゴンドウ。

3
歯磨きをしてもらっているのはメスの「ヴィータ」です。
コビレゴンドウは短く先のとがった歯をしています。上下合わせて約30本の歯があごの前方の方に生えています。自然界ではイカを中心に食べており、吸い込む力を使ってイカを捕まえるため、歯はあまり大きくありません。

次はハナゴンドウ。

4
わかりますでしょうか?
下あごの先端にしか歯が生えていないんです。10本程度の歯が生えるだけで、上あごには歯が生えないんです。
ハナゴンドウの主食もイカ。イカを中心に食べるクジラの仲間は歯の数が少ない傾向があります。ちなみに写真の「マロン」は歯が6本しかありません。

最後はオキゴンドウ。

5
他の2種類とは違い、大きく頑丈そうな歯をしていますよね。上下合わせて約40本生えています。
自然界ではマグロなどの大型魚や小型のイルカまで襲って食べることがあります。
大きな獲物をくわえたり、引きちぎったりするのに適した歯をしています。

6
この「クジラの歯磨き」のパフォーマンスは6月2日から10日の8日間、毎クジラショー終了後に行いますので、ご来館の際はぜひご覧くださいね!

みなさんも、これを機会に歯を大切にしましょう!

« 改めまして「スピカ」です! | トップページ | スジイルカのアイサの近状 »

クジラショー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。