フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« 「げんた」奮闘中! | トップページ | 全身が真っ白なハナゴンドウを搬入しました。 »

2014年11月28日 (金)

体色の大部分が白いハナゴンドウを搬入しました。

2014年11月23日に捕獲されたハナゴンドウの群れの中に体色の大部分が白いハナゴンドウがいることを確認し、27日から当館で飼育を開始しました。

8_2
このハナゴンドウは体の大部分は白色ですが、後頭部などに黒色部分も見られ、目も通常の黒色であることから、アルビノ(先天性色素欠乏症)ではなく白変個体と推測されます。

当館では今後、本個体の遺伝子情報を通じてアルビノ個体との相違点などの調査を行う予定としております。
3
なお、現在このハナゴンドウの一般公開は行っておりませんのでご了承ください。


【全身が白いハナゴンドウについて】
捕獲日:2014年11月23日
性  別:メス
体  長:240cm
体  重:約130㎏

ハナゴンドウ
英名:Risso's Dolphin
学名:Grampus griseus

成長しても体長が4m弱で、体重も300㎏~600㎏程の小型のクジラ。温帯や熱帯の海に生息し、10頭~50頭程度の群れで生活しており、熊野灘では通年観察される。傷が治った跡が白く残って目立つのが特徴。イカが主食で歯が下あごにしかなく、多くても約14本しか歯が生えない。

« 「げんた」奮闘中! | トップページ | 全身が真っ白なハナゴンドウを搬入しました。 »

ハナゴンドウ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。