フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« 全身が真っ白なハナゴンドウを搬入しました。 | トップページ | 2頭の白いハナゴンドウの今 »

2014年12月 3日 (水)

スジイルカの「アイサ」飼育1周年

海洋水族館マリナリュウムで飼育しているメスのスジイルカ「アイサ」が飼育1周年を迎えました。

アイサは昨年11月に搬入され、先輩スジイルカ「ホーク」やマダライルカたち、アルビノのバンドウイルカ「スピカ」とともに元気に暮らしています。

Aisa2
スジイルカは神経質な性格で、環境の変化に弱いとされ飼育が難しい種類といわれています。アイサも神経質な性格で怖がりなため、種目の訓練にかなりの時間がかかり、担当トレーナーは大変です(゚ー゚;

Aisa7
しかし、そんな1年たったアイサも少しずついろいろなことができるようになってきました。

以前ご紹介したときはトレーナーの手やターゲットに口先をタッチするがやっとでしたが、最近は握手や回転ダンスができるようになりました!

さらに!!

Aisa1
トレーナーのサインを見て…!!

Aisa6
ジャンプもできるようになりました*・゜(n‘∀‘)η゚・*
まだまだジャンプの高さは安定しませんが、時には柵越えのジャンプもできちゃいます!

でも、1年でたった3種目…まだまだ訓練の日々は続きます。
現在はボディータッチの訓練を頑張っています!

そして、今日珍しいことが…

アイサはバンドウイルカのスピカと一緒に泳いでいるか、単独で遊泳していることが多いのですが、今日は同じスジイルカの「ホーク」と一緒に泳いでいました。

Aisa3
奥がアイサで、手前がホークです。
私たちにとっては、珍しい組み合わせでしたので思わずカメラで撮影してしまいました。

仲良さそうにお互いの体や胸ビレをゴシゴシ…

Aisa4
まるで手をつないでいるかのようです。
スジイルカ同士で泳ぐ行動がこれまで観察されていなかったので、とても驚きました。

Imgp5504
種目の訓練はあまり進んでいませんが、環境や仲間たちとの関係は心配ないようです。
アクリル面に寄って来ることもあるので、皆さんぜひ遊んであげて下さいね。

最近は一緒にいる個体や行動などにバリエーションが増えています。
マリナリュウムにお越しの際は、ちょっぴり成長したアイサをぜひご覧くださいね。

« 全身が真っ白なハナゴンドウを搬入しました。 | トップページ | 2頭の白いハナゴンドウの今 »

スジイルカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。