フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« スジイルカの「アイサ」飼育1周年 | トップページ | アルビノのバンドウイルカ「スピカ」飼育1周年 »

2015年1月 7日 (水)

2頭の白いハナゴンドウの今

みなさん、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!

なかなか更新が遅くなってしまって申し訳ありません…2015年はもっと動物たちの情報をお届けしたいと思っておりますので、応援よろしくお願いいたします。

今回は、昨年搬入された2頭の白いハナゴンドウたちの今の状況をお伝えします!

昨年11月中に2頭の白いハナゴンドウが相次いで当館にやってきてから約1カ月半…
2頭の詳しいプロフィールはこちら→白いハナゴンドウについて
                      体色の大部分が白いハナゴンドウについて

最近はジャンプ行動やトレーナーを追いかけたりと環境にも慣れてきたようです。現在はそれぞれのポジションで餌を与えており、顔を上げの訓練を行っています。

Imgp6310
体の大部分が白いハナゴンドウはジャンプ行動が多く、行動も活発です!
全身の模様がはっきりとわかりますね。

Imgp6480
一度始まると止まりません(^-^;

Imgp6482
おそらく遊んでいると思われますが、体に付いたアカなどを落としたりするのにジャンプ行動は欠かせませんので、彼らにとってはとても大事な行動のひとつです。

Imgp6484
時には観察しているトレーナーに向かって飛んできたり、尾びれで水をかけようとする行動もよく観察されています。観察をしていると、足元がずぶ濡れになってしまうことも…

続いて、もう1頭の全身が白いハナゴンドウも元気いっぱいです!
少しずつ訓練をしていくうちに、おっとりでマイペースな性格なのがわかってきました。

Imgp5818
トレーナーの前で止まってエサを食べることができるようになっており、少し触ることもできるようです。現在は一日に15kgのイカを食べています。

Imgp6648
彼らはアルビノ(先天性色素欠乏症)ではなく、白変個体と見られており体の一部を採取して遺伝子の研究が行われています。

アルビノ個体との比較も検討されていますので、こちらの結果もどうなるのか気になります。

今後は一般公開も予定しておりますので、また決まり次第お知らせいたします。

Imgp6510
2015年は白いハナゴンドウたちに注目です!

« スジイルカの「アイサ」飼育1周年 | トップページ | アルビノのバンドウイルカ「スピカ」飼育1周年 »

ハナゴンドウ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。