フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

« ハナゴンドウの赤ちゃん 愛称「レン」に決定! | トップページ | ハナゴンドウの赤ちゃん「レン」 近況報告 »

2015年10月26日 (月)

生物調査に行ってきました!

太地町は平成18年に「太地町くじらと自然公園のまちづくり構想」を策定し、それをもとに「森浦湾鯨の海構想」を進めています。
この構想を実現するには海の状態を知らなくてはいけません。
そこで今回はこの森浦湾の生物調査に行ってきました。
今回調査したのは森浦湾の入口付近です。

目的エリアまでは小型の船で移動します。

晴れて、とてもすがすがしい陽気でした!
Rimg9879
いざ、海の中へ!

Rimg9882

まず、目に飛び込んできたのは…ガンガゼです!
Rimg9902

ガンガゼはムラサキウニなどとは違い、長くて鋭い棘(とげ)を持っています。
この棘には毒があり、皮膚に刺さると激しく痛みます。
これはうかつに手をついてはいけない…そして怖い(笑)


気を付けながら海を探索していると、カラフルな魚が!
Rimg99273

ツノダシやソラスズメダイなどの南日本に生息する魚たちがたくさんいました!

また、サンゴやイソギンチャクといった暖かい海にいる生き物も多くみられました。
Rimg9906

上の写真はサンゴイソギンチャクです。
クマノミなどと共生するイソギンチャクですが、中に魚はいませんでした。

Rimg9943

また、ミドリイシというサンゴの間にはイバラカンザシというゴカイの仲間も見られました。
写真のイバラカンザシはオレンジ色ですが、青、黄色、緑など個体によってカラフルな色合いが特徴です!きれいですねヽ(´▽`)/
実は30年以上生きる長寿の生物です(゚Д゚;)


この森浦湾は定期的に調査を行って、季節や調査場所によって生物層の違いなどを皆さんに報告していきたいと思います!

« ハナゴンドウの赤ちゃん 愛称「レン」に決定! | トップページ | ハナゴンドウの赤ちゃん「レン」 近況報告 »

生態」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1703173/62227051

この記事へのトラックバック一覧です: 生物調査に行ってきました!:

« ハナゴンドウの赤ちゃん 愛称「レン」に決定! | トップページ | ハナゴンドウの赤ちゃん「レン」 近況報告 »