フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

マダライルカ

2016年9月25日 (日)

祝!マダライルカ「ククナ」 飼育8周年

海洋水族館マリナリュウムで飼育されているマダライルカの「ククナ」が2016923日で飼育8年を迎えました!
1

マダライルカは生まれたときにはない斑点模様が成長と共に増えていくのが特徴です。

また、飼育が難しく他の水族館ではあまり見ることができない種類ですが、当館では試行錯誤を重ね、長期飼育に成功しています!

「ククナ」は初めて長期飼育に成功したマダライルカで、国内の飼育最長記録を更新中です(゚▽゚*)

「ククナ」を長期飼育して、マダライルカは環境に慣れるととても人懐っこく、遊び好きであることがわかりました。

人が水槽に入ると…
2

近寄ってきて体を触ってもらおうとしたり、人が履いているフィンで遊んだりします(◎´∀`)ノ
この水槽で潜水掃除をしているとよく人の足で遊んでいます(笑)
また、アルビノのバンドウイルカ「スピカ」とも仲が良く、人がいると2頭で近寄ってきて「体触って~」とアピールしてきます。
3

現在、「ククナ」は尾びれだけで体を支えて後ろ向きに進む「テールウォーク」の訓練中です。
4

今はまだ、あまり安定して後ろまで進めませんが、より遠くのほうまで進めるように練習していきますので、「ククナ」を応援してあげてください(*^m^)

ちなみに、「ククナ」は一番年上のマダライルカなのでお腹や背中に斑点模様が多いのが特徴です!

判別がつきやすいので、当館にお越しの際は飼育最長記録更新中の「ククナ」にも要注目です!
5

2016年8月25日 (木)

マダライルカ「カイ」「ペレ」の田辺出張

毎年、7月中旬~8月中旬まで当館のイルカが「南紀ビーチサイドドルフィンin扇ヶ浜」に参加しました。
田辺が主催しているこのイベントはイルカたちがいるイケスに入って、泳いだり、触ったりできるイベントで、毎年多くのお客様にお越しいただいています。
去年まではバンドウイルカが出張して参加していましたが、今年はなんと!
マダライルカの「カイ」と「ペレ」が出張しましたヽ(´▽`)/
1 (上「カイ」下「ペレ」)

マダライルカといえば…

パニック状態になりやすいため、飼育が大変難しい種類で、他の水族館ではなかなか出会えません。
ですが、当館では長期飼育に成功していて、環境に馴れると人懐っこくてとても可愛らしいイルカであることが分かってきています^^
この可愛らしい小さなイルカを見てほしい!体感してほしい!という願いのもとに、「カイ」と「ペレ」の田辺出張が決まりました。

いつも田辺出張してくれているバンドウイルカの体長は約
270cmなのに対し、「カイ」と「ペレ」の体長は約180cmです。
バンドウイルカは大きなコンテナで大きなトラックで運ばれていきますが、今回は…
2

こんな小さなバンで運びました!
中にはこの出張のために飼育員が作ったコンテナを入れ、その中に「カイ」と「ペレ」を乗せました。
3

車に揺られて走ること約2時間…
無事に田辺の扇ヶ浜に着きました~!
バンドウイルカと違って軽いため、イケスまでは人力で運びました。
4


イケスに「カイ」と「ペレ」を入れると元気よく泳ぎだし、早速エサも食べていました
(*^-^)
ちなみに、この田辺でイルカたちの面倒を見てくれたのは当館で1か月に及ぶ研修をしてくれていたトレーナーの卵たちです!
5

イベント中にはたくさんのお客様にお越しいただきました!
イルカたちと一緒に泳げるイベントでは間近でイルカたちを観察できるとあって大盛況でした。
6

そして先日、約1か月に及ぶ「カイ」と「ペレ」の田辺出張が終わり、当館へ帰ってきました!
現在はイルカショープールで生活しています。
「カイ」、「ペレ」お疲れさま(*゚ー゚*)

2013年10月 9日 (水)

マダライルカの「ククナ」も飼育5周年!

前回スジイルカの「ホーク」が飼育2年目を迎えたのをお知らせしましたが、マダライルカの「ククナ」も飼育5年目を迎えたので、最近のククナの様子をお伝えします♪

メスのマダライルカ「ククナ」は2008年9月に当館にやってきました。
搬入時の体長は169cmでしたが、現在は187cmまでに成長しマリナリュウムで元気に暮らしています。

この写真は2009年9月のククナの顔です。

2009_09
現在のククナの顔は…

P1090842
わかりにくいですが、下あごのまだら模様が増えているのがわかりますか?

このマダライルカの名前の由来にもなっている“まだら模様”。
この模様は年齢を重ねるごとに増えていきます。搬入時はまだら模様がほとんどありませんでしたが、年々増えてきています。

お腹側もこのとおり↓

Hara
年齢が若い同じマダライルカの「ノア」や「リオ」と比べると一目で模様の多さがわかりますので観察してみてくださいね。

ククナはマリナリュウムに引っ越してくるまではイルカショープールで生活していました。
去年の夏には期間限定でイルカショーにデビューも果たしています。マダライルカのショー参加は日本で初めてだったんですよ!

P1000587
マリナリュウムに引越しをした今はスジイルカの「ホーク」に負けないぐらいのジャンプができるようになっています!

P1090835
時間が合えば屋上から見れるかもしれませんヽ(´▽`)/

P1090856
毎日担当のトレーナーと訓練頑張っていますよ♪

以前、ククナは水中で遊んでもらうのが大好きとブログ内でご紹介したことがありましたが、先日は一般のダイバーの方と“ドルフィンダイビング”を行いました。
現在、イベントとしてできるかどうか串本のダイビングショップの方と検討しているところなんですよ。

Dive
ダイバーにも驚かず、「触って!」と甘えまっくてました。
仲間のノアやリオも楽しそうにダイバーの方に遊んでもらっていました!
ホークは見ているだけでしたが(^-^;

“ドルフィンダイビング”についてはまたブログ内でお知らせします。

飼育5年目を迎えたククナは国内の飼育記録も更新中です。

飼育事例の少ない種類のマダライルカ。
これからもこのイルカの素晴らしさを伝えていきたいと思います。

2012年7月14日 (土)

日本初!マダライルカ、イルカショーにデビュー!!

飼育が難しいことから、なかなか水族館では見ることができないマダライルカ、ショーに参加するのは日本初!マダライルカの特徴や生態を軽快な種目とともに紹介しています。

Dsc_0719

まだまだ先輩のバンドウイルカやカマイルカには及びませんが、小さい体を生かした機敏な動きで楽しませてくれます。バンドウイルカ、カマイルカ、マダライルカ、3種類のイルカが活躍するイルカショー、夏休み期間中の企画です。ぜひご覧になってください。

~マダライルカ~
世界中の温帯から熱帯域に生息しています。最大体長は2.6m、体重は120kgほどの小型のハクジラの仲間です。特徴は細長い吻と全身に見られる白と黒の斑点模様。大きな群れで行動し、とても活発なイルカです。マダライルカの飼育は難しく、長期間の飼育は成功していません。