フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

健康管理

2012年11月27日 (火)

博物館の舞台裏⑧ ~トレーニング~

前回から大変遅れました…博物館の舞台裏シリーズ第8弾!!最終回です!

今回はリクエストが多かった、イルカやクジラたちのトレーニング(訓練)のお話。

訓練については詳しく説明するとめっちゃ長くなるので、簡単に説明させていただきます´ω`)ノ

まず、どう使ってるの?と思っている方も多いこの「ホイッスル」P1050393 トレーナーの必需品であるホイッスルの音は動物たちに「報酬=OK」を伝える手段です!
動物たちにとっての報酬はエサです。動物たちはエサもらえることを条件に行動してくれるの です。

新入りの動物や赤ちゃんはホイッスルの音が鳴ったらエサがもらえるなんて知りません。
人の手からエサをもらえるようになっらホイッスルを吹いてエサをあげる、ホイッスルを吹いて エサ…これを根気強く何度も繰り返します。Imgp7175aipdf そうすると動物はホイッスルが鳴ったらエサがもらえるということを学習していきます。

エサとホイッスルの条件が理解できたら本格的なトレーニングの始まりです!

最初に水面から顔を上げる“スタンディング姿勢”を教えます。
P1050962 これができるようになったら握手などの簡単な種目から教えていきます。
ちょうど、握手を訓練中のオキゴンドウのお母さん↓
P1050964 最初はトレーナーが胸びれを触り、ホイッスルを吹きます。
何回も繰り返し、胸びれがトレーナーの手に当たればエサがもらえる…と理解させます。
そして、トレーナーが手の高さを少し上げて、みずから胸びれを当ててくる行動がでたら、P1050965 ここでホイッスルです!
これが理解できたらレベルアップをしていきます。高さをランダムにしたり、左右片方ずつも  できるようになったら“握手”の完成です。
トレーナーが差し出す手の動きがそのまま“サイン”になっていきます。

次はちょっとレベルを上げて、“テールウォーク”という種目。Imgp0160尾びれの付け根だけで全身を支え、そのままバックするイルカショーでもおなじみの種目。

この種目の場合は「ターゲット=目標物」という道具を使用しています。長いものから短いものまであり、棒の先端に浮き(ブイ)を付けた物をターゲットとして使っています。P1050963 テールウォークの訓練中のマダライルカのククナ↓
P1050647 まず、ターゲットにタッチさせることから教えます。
少しずつ高さを上げていき、全身を支える体勢を維持させます(;゚∇゚)P1050645 これができたら、後ろにバックさせるようにターゲットを動かします。バックした瞬間ホイッスルを吹きます。これを繰り返してバックさせる距離を伸ばし、ターゲットを手のサインに移行することができたらテールウォークの完成です。

ターゲットは様々な種目に応用できます。回転ダンスを教える時も使いますし、ターゲットをボールに変えれば“ハイジャンプ”にも活用できます。
行動が完成してきたらターゲットを手のサインにしていくんですね。ですので、教えていった過程の延長がサインになっていることが多いです。その方が動物もわかりやすいからです。

他にもトレーナーが水中に入ってトレーナーの全身の動きがサインになったります。
それと、動物が勝手に行った行動もホイッスルを吹けば、ターゲットなどでは教えられないような種目ができたりもします。P1050958 “テールフラップ”をするセフィー↑おねだりやアピールで行った行動が種目にもなったりもします。

イルカやクジラたちはとても賢い動物ですが、毎日の訓練の積み重ねとトレーナーの根気強さや教え方、日々の観察が大事になってきます(^-^;

ショーの合間に訓練を行っていることがあるので、少し違う目線で見てみてはいかがでしょうか?

いかがでしたか?「博物館の舞台裏シリーズ」。
少しでも博物館の“裏側”を知っていただきたいと思い始めたのですが、興味を持っていただいたり、続きが楽しみ!とお客様に言っていただけて、とてもうれしかったです(*^.^*)
ブログもより一層頑張ります!ありがとうございました!

では、また!!

2012年11月17日 (土)

博物館の舞台裏⑦ ~マリナリュウム~

博物館の舞台裏シリーズ第7弾!!

こんな風に博物館をご紹介する機会がなかったので、こんなにバラしちゃっていいのかなって 感じです…
バックヤードがほとんどない博物館ですが、今回はお客様は見ることができない「腹びれのあるバンドウイルカ・はるか」の給餌風景をお見せしちゃいます(*゚▽゚)ノ

まず、「海洋水族館・マリナリュウム」の紹介から…P1050732 マリナリュウムは昭和46年に建てられ、当初は魚類メインの展示を行っていました。
中央にある大水槽は少し前まで魚が泳いでいたんですよ。
現在も太地近海の生物の展示を行っています。

しかし、2006年10月に"腹びれのあるバンドウイルカ”が発見され、よりよい飼育と観察のためにマリナリュウムで飼育を行うことになりました。2007年12月にはマリナリュウムの改修工事が終わり、一般公開が始まりました。

Photoこのようにトンネル水槽からを間近で観察することができます!

ちなみに、"はるか”の名前は一般公募で決まった愛称で「はるか昔からやって来た」という  意味が込められています。
先祖返りしたと考えられており、鯨類の進化の過程を解明できるかもしれない重要で貴重な 存在です。

そして!はるかたちがどこでエサをもらっているかわかりますか?
屋上へ登ってみましょう!
Photo_2 給餌が始まったようです。
右から、はるか・あおい・さくらの順になっています。Photo_3エサの時間に合わせて、健康管理のトレーニングが行われています。はるかは2週間おきに採血が行われているのでハズバンダリーの訓練は欠かせません。
現在、はるかの子孫を残そうと繁殖や遺伝子レベルの研究が行われているので、通常の血液検査はもちろんのこと、ホルモン値の検査も行っています。Photo_4腹ビレもこんな近くで見れちゃいますw(゚o゚)w
はるかさんのお顔も拝見↓Photo_53頭の中ではリーダー的存在です。お客様が猛アピールしてもご機嫌のときにしか寄ってきません。推定年齢は15歳ぐらいだそうです。
Photo_6 はるかさん、実はジャンプも得意!!
上に当たってしまいそうな高いジャンプができます!

はるかの他にも、お客様大好き!はるかと同期の"あおい”と桜太のお母さん"さくら”がいますので、みなさん博物館に来たら必ずマリナリュウムまで足を運んでくださいねm(_ _)m
忘れちゃいけない魚たちもいますよ!Photo_7 みんな来てね~(゚▽゚*)

次回は、博物館の裏話シリーズ最終回!
リクエストも多かったイルカやクジラたちの"訓練”のお話。お楽しみに☆

2012年11月12日 (月)

博物館の舞台裏⑥ ~ショープール~

舞台裏シリーズも第6弾になりました!

少々内容がマニアックな感じですが、もう少しお付き合いくださいヾ(_ _”)

今回は博物館のすぐ横にある“イルカショープール”のお話。
P1050633 水深は最大4mで総水量750tのショープールです。
このプールでは4種類のイルカたちに出会えることができます。

向かって左側のプールにはマダライルカとスジイルカが展示されています。P1050656
中央のメインプールにはショーチームのバンドウイルカとカマイルカたち。
P1050638
そして、右側のプールはショーに出る個体の控えのプールです。
P1050624
今日は休みのグロウ♂

そして、ここにもゲートが↓イケスのものとは違って立派なゲートですね(^-^;
P1050664 ショープールでもその日によってメンバーを変えたり、体調が悪いときには休んだりしているんですよ。

そして次は…プールの海水はどこから来るのか!?P1050589 ショープールの海水は森浦湾から送られてきます。
ポンプで組み上げられた海水はろ過層を通り、殺菌されたあとイルカたちの住むプールへ注水されます。P1050617 あー…また遊んでますo(;△;)o

イルカたちはウンチもしますし、エサで遊んだり…と生活していればプールは汚れます。
週に一度は落水して底や壁面の掃除を行ったりと、水質管理には気を使っています!

L1050031 イルカショープールは距離がとても近く、イルカたちの力強さを間近で感じることができますし、珍しいマダライルカやスジイルカもいます。みなさんも一度は見に来てみてはどうでしょうか?

次回は、“腹びれのあるイルカ・はるか”がいる“海洋水族館・マリナリュウム”のお話!
どこでエサをあげているか気になってる方も多いのでは?
特別にご紹介させて頂きますね♪

では、また次回ーヽ(゚ω゚ )ノ

2012年11月 1日 (木)

博物館の舞台裏⑤ ~イケスの秘密~

もう11月!博物館がある太地町も少し寒くなってきましたよ(((゚Д゚)))

さあ、博物館の舞台裏第5弾!
今回は館内に広がる自然プールに浮かぶ"イケス”(生簀)のお話。Photo

博物館には全部で6つのイケスがあり、そこにクジラやイルカたちが暮らしています。
イケスは、主に甲板とフロートと網、網を張るための重りで作られています。

比較的施設が簡単にでき、自然の海が利用できるため自然に近い状態で飼育できます。

しかし!そこは自然の海!
もちろん水温の管理はできませんし、天候が悪ければ海は荒れます。さらに潮の干満やゴミ などが流れてくるなど、陸上にあるプールと比べると様々な問題点があります。

ゴミを食べてしまう子もいるので、悪天候の後はゴミ掃除で大変なんですよ(;´Д`A

そして、よくお客様に「イケスの外にはどうやって動物を出しているの?」
と聞かれることがあるのですが、その秘密は…↓
Photo_2
これです!イケスの角にあるゲートです!
ここは簡単に外せるようになっていて、重りが付いていており部分的に角を沈ませ、クジラたちが通れるスペースができるようになっています。
どんな風に出るのるのかというと…
Photo_3
角が降りたゲート前にセフィーが来ました。
ここでサインを出すと、くぐって外に出ます!この際、勝手に出たりしないように気を抜けない瞬間です。セフィーも集中してトレーナーを見ています。Photo_4 そしてサインを見たロンは外へ!
※すみません。セフィーが出た瞬間はうまく撮れませんでしたm(_ _)m
トレーナーは一緒ですっ(汗)

外に出るのは日中だけで、朝出たら夕方はイケスに戻します。
ずっと外にいると体調が悪くなった時に捕まえたりするのは困難ですし、ゴミや石の誤飲が増えたり…など様々な問題があるため、夜間は収容しています。

なので、ふれあいの海やショー出ているのは体調に問題ない元気な子たちだけ。
少しでも体調に問題があったり、ゲートの訓練中の子はイケスの中にいます。

ちなみに、オキゴンドウの赤ちゃんとお母さんは育児のため外にでたままです(^-^;

まるで、"家”のようなイケス。
イケス内は安全でなければなりません。
網を利用しているため、破れたところや弛んだところがあったら事故につながってしまいます。

そのために、週に1度や必要に応じてダイバーが潜って潜水チェックをし、各イケスの底に重りを付けて網を張るようにしています!

他にもこんな配慮も↓Photo_5 上と下のイケス網は網の目の幅が違います。Photo_6 博物館には網目の幅が広いイケスと網目が細かいイケスの2種類があります。

吻先(口ばし)が細いイルカたちは網目の幅があるイケスは吻が入ってしまったりと危険なので、網目が細かいイケスには小型のイルカたちを、網目の幅が広いイケスには大型のゴンドウたち(吻先が太く短いため)を収容するようにしているんですよ。

イケスでの飼育は施設そのものは簡単にできますが、自然との闘いと施設の管理がとっても 大事なんですね。
おわかりいただけましたか?

次回はイケスに変わって、"イルカショープール”のお話!
お楽しみに!

2012年10月27日 (土)

博物館の舞台裏④ ~投薬~

博物館の舞台裏シリーズ第4弾!
今回はクジラやイルカたちに与える薬についてのお話です。

私たち人間も風邪を引いたり、お腹を壊したりしたら風邪薬や胃腸薬を飲んだりしますよね?
もちろん、クジラやイルカたちも体調を崩した時には薬を与えて治療を行います。

クジラ用の薬があるの?とお客様に聞かれることもあるのですが、ほとんどの薬はなんと   人間用なんです。Photo この写真で動物用の薬は黄色いビタミン剤だけ。
他は全て人間用。抗生剤、消化酵素剤、整腸剤などさまざまな効能の薬を準備しています。

動物たちは「お腹が痛い!」や「熱があってだるい…」なんて言ってくれません。

日々の行動観察や食欲、体温測定、血液検査などで症状を判断し、獣医さんが薬を決めます。

そして薬のあげ方!
そのままではなく魚に詰めて丸飲みさせるんです(゚д゚;)
Photo_2 大好きな魚ごと飲んでくれるので薬をあげることに関しては比較的簡単です。
でも、食欲がなかったり、エサを不信に思ってしまった時はこの方法での投薬は難しいことも あります(^-^;

多くは↑の方法で投薬をしますが、こんな方法も↓
2m程あるカテーテルを使用し、胃まで直接流し込む方法です。主に水分補給の為に行われていました。

2_2これも"ハズバンダリー”。コビレゴンドウのロンは長ーい管をノドから胃へ入れられてもちゃんとおとなしくしてくれます。

ロンは長い間貧血が続いていていて、以前は錠剤の薬を魚に詰めて投薬を行っていたのですが、なかなか貧血が改善しませんでした。

「もしかして薬が消化される前に魚ごと吐き出しているのでは?」
もしそうだとしたら薬をあげている意味がありません。そこで粉状にした薬を水に混ぜて与えたところ、次の検査では大幅な改善がみられました。

ロンは吐き戻し癖もあったので薬が十分に行きわたっていなかったのかもしれません。このように、投薬の種類や方法など獣医さんと飼育係のチームワークでお互いが動物の状態を把握して臨機応変の治療を行っています。

以上、動物たちの投薬について紹介しましたがおわかりいただけましたでしょうか?

次回は、博物館の自然プールに浮かぶ"イケス”についてのお話♪
お楽しみに!

2012年10月24日 (水)

博物館の舞台裏③ ~血液検査~

博物館の舞台裏、第3弾!!
今日はクジラやイルカたちの血液検査ついてのお話です!!(゚ロ゚)

もちろん、人と同じように注射針を刺しての採血です。やっぱり動物たちも痛い思いをします。
さて、どこから行うのでしょうか?
3 採血の体制に入りました↑主に尾びれの血管から採血を行います。

2 採血が始まりました!
注射器に血液がΣ(゚д゚;)1
拡大して見てみると、血管がある場所がわかりますか?
この場所を狙って針を刺しますが、見えにくかったり、刺しても血管に当たらないこともあるので獣医さんはとても大変です…

前回ご紹介した"ハズバンダリー(受診動作)”という手法で採血を行います。
採血は痛いですし、時には獣医さんの姿を見ただけで怖がることもあるので、痛くても我慢できるように慎重に訓練します。
ハズバンダリーができない個体は取り上げを行って採血することもあります。
捕まえての処置となると動物にも人にも負担がかかるため、動物みずから検診に協力してくれるのはとても大切なことなんです。

続いては採取された血液の検査です!
博物館では検査機器を導入しているので、ある程度の血液検査ができます。4 博物館のとある場所にある検査室の様子。

手前にあるのが血液の血球を調べる装置です。
この装置で感染症や貧血、脱水症状などがわかります。
検査が終わり、数値が出てきました!2_2 コビレゴンドウのロンの検査結果です。
上から白血球、赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット…です。
ロンは以前から貧血気味で定期的に検査をしています。先月より赤血球の数値が少し下がっていることがわかりました。

次は生化学検査。3_2上記の検査よりも詳しい検査を行う装置で、肝臓や腎臓などの状態がわかります。
他にもホルモンの数値などさらに詳しい検査を行う場合には近くの検査センターにお願いしたりしています。
今回の検査でロンは赤血球数の減少がみられましたが、他は異常なしでした!

以上で血液検査は終了です。
クジラやイルカたちも人間と同じように検査を行っているんですね(o^-^o)

次回は、動物たちへの投薬について。
どんな薬をあげて、どうやってあげているのかをご紹介します!
ではまた♪

2012年10月19日 (金)

博物館の舞台裏② ~今日の体温は?~

博物館の舞台裏シリーズ第2弾!

今回はイルカやクジラたちの体温測定についてのお話。
体温測定は1日1回開館前にほぼ毎日行われていますが、あまりお客様が見る機会は少ないので、どのようにして体温を測っているのかご紹介します(゚▽゚*)

まず、どこで体温を測っているのかわかりますか?
人間ですと、わきの下に体温計をはさんだりして測りますよね。イルカやクジラたちは肛門から体温計の長いセンサーを入れて直腸温を測るんですw(゚o゚)w
Photo
肛門はお腹側にある溝の尾びれ側にあります。ここに体温計のセンサーを20cm~30cm入れて、一番高い体温を計測します。
このように、動物が自ら検診を受ける行為のことを”ハズバンダリー(受診動作)”と言い、ひとつの種目として動物に教えます。もちろん、動物は体温を測られているとはわかりませんが…

上の写真で体温測定をしているのはバンドウイルカのリノです。さあ、いくつかな?
Photo_2 リノの今日の体温は36.5℃でした。平熱です!
イルカやクジラの体温は、種類や個体によって違いますが、人間とほとんど一緒なんです。
実はこの体温計も人間用なんですよ。
感染症になったりすると熱が出たり、出産前には体温が下がったりします。
変化を把握するために、普段は1日1回の測定を数回行ったりもするんですよ(^-^;
Photo_3 次に測定しているのはハナゴンドウのニール。
ニールは以前、出産した際に4日前から体温が下がりはじめ、2日前には平熱より1.2℃下がりました。これに よって出産前にスタッフが準備することもできました。

体温を把握することはとても健康管理の上でかかせません。
体の状態を知り、その個体の平熱を把握するのはとても大事なことなんですね!

次回は、ちょっぴり痛い?採血のお話です。
お楽しみに~♪

2012年10月16日 (火)

博物館の舞台裏① ~調餌室、大公開!~

みなさん、こんにちは!
今回の飼育日記から”博物館の舞台裏シリーズ”として、お客様があまり見ることができない 仕事やバックヤードの様子についてお送りしますのでよろしくお願いいたします!

第1弾は、動物の見回りが終わってからの朝一番の仕事、”調餌(ちょうじ)”に関するお話   です。調餌とはイルカやクジラたちのエサを準備する仕事です。

調餌室では衛生管理にはとても気を使います。
手はもちろんのこと、長靴も消毒してから中に入ります。

そして始めに目に付くのが、これです↓

1積み上げられたカゴの中に冷凍されたエサが入っています。これをシャワーから出る水道水を使って解凍します。

どんなエサが入っているかというと…
6現在はこの6種類で、上からサッパ・ホッケ・ニシン・サバ・スルメイカ・チカ です。鮮度や仕入れ値など、時期によって変わったりもします。

解凍が終わり、鮮度や部分的に痛んでいるところはないか…などを判別し、量を測ります。5量りの目の前には餌量ボードがあります。配分や与える餌の種類、トータルの量などが個体 ごとにわかりやすく書かれてます。4 一番食べる量が多いオキゴンドウで1日に約20kg用意しなければならず、エサの鮮度のことや頭数が多いため、1日3回調餌が行われています。

続いてエサを切る作業↓ 2 限られた量の中でショーや訓練をしなければならないので、個数を増やすために切ったりも  します。魚の痛んでる部分を取り除く為にも、包丁とまな板は必需品です!
手を切らないようにすばやく行います。 

量り終わったエサは、それぞれのバケツやクーラーボックスへ。 3 クーラーボックスは1頭に1個あり、これを約30頭分×3用意しなければなりません(;;;´Д`)
このあと用意されたエサは水道水でよく洗い、氷を入れて鮮度を保ちながら動物たちのもとへ と運ばれます。

とても大変ですが飼育係にとって”調餌”は大切な仕事のひとつです。
ある意味、動物達と一緒にいる時間よりも調餌に関する時間の方が多いかもしれません(^-^;

今回は”調餌”をご紹介しましたが、次回は動物達の体温測定をご紹介します。

どうぞお楽しみに~☆

2012年7月21日 (土)

今日はクジラの身体測定

クジラの太り痩せはどのようにみるでしょうか。

日常の観察からもある程度わかりますが、くじらの博物館では月に一度、背びれ前の胴回りを測っています。

P1030255

上の写真はカマイルカの胴回りを計測している様子。日ごろの訓練から動物に協力してもらい簡単に計測することができます。

では、気になるクジラの胴回りは?

小型のイルカ、マダライルカの「ククナ」は93cm、

ずんぐりとした体型のコビレゴンドウの「ヴィータ」は207cmでした。

種類や大きさによって全然違います。

肥満状況の把握は餌の量を決めるうえでもとても重要、健康管理には欠かせません。