フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

博物館の仲間フォト♪

  • Neill
    元気いっぱい!飼育員が撮影!
無料ブログはココログ

マリナリュウム

2015年4月29日 (水)

マリナリウムの潜水掃除

マリナリウムの大水槽は週に1回、飼育員が潜って掃除をしています。
水流で流されないように吸盤を持ち、体を安定させながらスポンジでアクリル面や壁をこすっていきます。
1


水槽の中には当然、「スピカ」をはじめとするイルカたちがいます。

人が水中に入るとイルカたちは遊んでほしくてたまりません。
特に、最近の「スピカ」はとても積極的!
2

早く遊んでほしくて飼育員が水槽に入る前から靴をかじってアピールしていました。
少し気が早いですねΣ(;・∀・)


3_2
水中に入ると「待ってました!!」と言わんばかりにすぐ近づいてきます。


4

イルカたちは飼育員の行動に興味津々です。


5

じーっと見ているだけかと思いきや、頻繁に動く手が気になる様子で必死に追いかけていました。
遊んであげたいですが、本来の目的である「水槽の掃除」をしなくてはなりません。
遊びは少しお預けにして、黙々と掃除をしていると…

6

カメラを持った飼育員の方へやってきました。
「スピカ」と遊んでいると、マダライルカの「ノア」もやってきて…
胸びれを触ってほしかったらしく、自分から飼育員の体に胸びれをこすりつけていましたヽ(´▽`)/
7


掃除も終わり、イルカたちにとって待ちに待った遊びの時間です。

8

飼育員にたくさん触ってもらって、とてもご満悦そうです(゚▽゚*)



こうして毎週、水槽に入って掃除をしていますが、ただ掃除をしているだけではありません。

人が潜ったときのイルカの行動はどうなのか、いつも人に寄ってきていたイルカが寄ってきているのか、ということも観察しながら掃除をしています。
このような観察はイルカたちの体調を管理していく上で重要なことです。



こうした観察を重ねて、イルカたちは元気にすくすく大きくなっています!

ぜひ、ゴールデンウィークはくじらの博物館に成長しているイルカたちを見に来て下さいね!

2015年3月25日 (水)

なぜ逆さま!? ~サカサクラゲ~

現在、海洋水族館マリナリウムではイルカ・魚だけではなく、クラゲも展示されています。
お客さんから「なんだか癒される~」とお声を多数頂戴するクラゲたち。
その中でも少しかわっているクラゲが【サカサクラゲ】です。


このクラゲ、なぜ【サカサクラゲ】という名前が付いているかというと・・・

Photo

このように逆さまだからです。名前のままですね^^;


クラゲの増え方は少し独特です。


サカサクラゲの場合、ふ化した卵はプラヌラという形態で海中を浮遊し、続いて石や貝殻などに付着してポリプと呼ばれるイソギンチャクの様な形になります。

Photo_2

 

上の写真はサカサクラゲのポリプです。
真ん中にぶら下がっているのがサカサクラゲの稚クラゲで、これがポリプから分離して
1個体のクラゲとなります。

このクラゲは明日には分離して小さなクラゲとして泳いでいると思います
(*^-^)


実はこのクラゲたち、なんとなく逆さまになっているわけではありません。


体の中に褐虫藻(かっちゅうそう)と呼ばれる小さな藻類を共生させており、光合成をして得た栄養をおすそわけしてもらっています。


この褐虫藻が一番多いのが口腕(こうわん)と呼ばれる部分です。

Photo_3

このクラゲたちは効率よく栄養を作ってもらうために逆さまになっているのです!

そのためほとんど泳がず、水槽の底かガラスにはりついています。
なかなか面白い生態をしていますよね。



このクラゲたちにとって一番重要なのは光の量です。光を浴びれば栄養を作ってもらえるわけですからね。


そこでこの展示水槽には
3つの照明を設置して、光量アップ!

Photo_4

プランクトンも食べるので「アルテミア」という小さい甲殻類もあげています。

スポイトで口腕に吹きかけてやります。
心の中で「大きくなれよ~」と念じながら…(笑)

Photo_5

毎日のお世話が功を奏してか、とても大きくなりました!分離したての稚クラゲと比べるとこんなに違います。

Photo_6

自ら生育させただけあって、成長していくクラゲを見るのはとても嬉しいものです(*゚▽゚)

サカサクラゲは
15cmぐらいにまでなるので、まだまだ大きくなります。
これからの成長も見逃せません!

2014年8月31日 (日)

夏営業終了~!

みなさん、こんにちは!
今日で夏休みが終わり…という方が多いのではないでしょうか?

14839
当館ではイルカやクジラたちを至近距離で観察したり、ふれ合えることができることから「こんな近くでびっくり!」・「クジラショーを初めて見ました。」など興奮している方も多かったですよ。

また、台風や雨の影響により、2日間屋外施設の営業ができなかったにもかかわらず、各ふれあいイベントは昨年よりも参加されるお客様が増え、大盛況でした!

昨年開始した「ふれあいスイム」もほぼ毎日行われ、クジラの背ビレにつかまって泳いだり、大きな体を触ることができたりと、ここならでは体験をしていただきました。

Imgp3342
夏休み限定で海洋水族館マリナリュウムで行われた「イルカと遊ぼう!フリースイム」もテレビでとり上げていただいた影響もあり、予想を上回るご予約をいただき大変好評でした。

Photo_2
「イルカミニミニライブ」は夕方に入館されたお客様もショーを見ることができ、珍しいカマイルカにタッチすることもできて、閉館時間まで楽しんでいただけたようです。

10371590_274745829399230_5381330180
各ショーも盛り上がっていましたよ~(o^-^o)

Imgp3287
夏休み恒例のクジラたちとトレーナーによる水中種目の場面では歓声が上がっていました。

Imgp3269
体長3.7mのコビレゴンドウ「ヴィータ」のランディングも迫力がありますよね。
訓練を重ね、夏休み中に披露することができました。

軽快なイルカショーもジャンプをイルカたちが披露するたびに歓声が!

15476
ベテランのバンドウイルカ「チェリー」と「イージー」のコンビの行きもピッタリ☆
「イルカにタッチ」でも大活躍の2頭でした。

そして、夏と言ったら!くじら浜海水浴場で開催された「くじらに出会える海水浴場」。
今年出張してくれたのはメスのハナゴンドウの「コスモ」と「サツキ」。

くじら浜ではベテランのコスモが大活躍!

10301121_274450312762115_8328804924
カヤックに乗ったトレーナーとお客様の間をスイスイ~

Imgp2120
飽きてどこかへ行ってしまうこともありましたが、近くを通るたびに歓声があがり、夢中になって追いかける方がたくさんいらっしゃいました。

もちろん、追いつきませんけどね(^-^;

台風による中断があったり、例年よりも水温が低い日もありましたが、クジラたちが体調を崩すことなく無事に終了することができました。

この夏は晴れる日が少なく、お客様が来ていただけるか不安に思う日もありましたが、予想を上回る数のお客様に入館していただき感謝の気持ちでいっぱいです。

くじらの博物館へのご来館、誠にありがとうございました。
来年の夏に向けてスタッフ一同頑張りますので、これからも応援よろしくお願いいたします!

2014年8月15日 (金)

小さな仲間たち

今回は海洋水族館マリナリュウムにいる仲間たちをご紹介します!

まずご紹介するのは、誰もが知っている海の人気者・・・

Photo_7

そう!「クマノミ」です。
クマノミはこのようにイソギンチャクと共生することで外敵から身を守っています。イソギンチャクの触手には毒があり、他の魚が触れると麻痺してしまいます。

じゃあなぜクマノミは大丈夫なでしょうか?
それは、クマノミの皮ふから分泌される粘液が関係していると考えられています。

また、イソギンチャクの周りをクマノミが泳ぐことで、酸素の豊富な水が循環されイソギンチャク自身も健康になるとも言われています。

続いて、体の模様が特徴的なこの魚!

Photo_8
「ゴマモンガラ」の幼魚です。
幼魚の時はこのようにゴマのような斑点がありますが、成長するにつれてだんだんと消えていきます。成魚になるとヒレの縁に黒い帯ができます。
雑食性で自然界では主に甲殻類や貝、サンゴなどを食べています。

Photo_9
当館で飼育しているゴマモンガラは現在3㎝程度ですが、最大でなんと約75cmまで成長します。サンゴをもかみ砕くことが出来るとても強いアゴを持ち、繁殖期には人を追いかけてくることもある凶暴な一面もあります。海で出会った際にはご注意を(^-^;

マリナリュウムでは今回ご紹介した可愛らしい仲間をはじめ、熊野灘に生息する魚たちが皆様をお待ちしております!!
この機会にぜひ太地の海を感じてみてはいかがでしょうか(*^-^)

2014年4月24日 (木)

「小型イルカのフィーディングタイム」のご案内

みなさんこんにちは!気温もだいぶ暖かくなり、お出かけ日和のぽかぽか陽気となってきましたね(*^-^)
さて、もうすぐ待ちに待ったGW♪・・・ということで、今回はマリナリュウムで行われるイベントのご案内をしたいと思います。

当館奥にあります海洋水族館マリナリュウムにて、「小型イルカのフィーディングタイム」を実施致します。イルカたちの生態や特徴を、パフォーマンスを交えながら飼育員が解説します。

現在マリナリュウムでは、3種類のイルカを飼育しています。

吻先からのびる筋模様が美しいスジイルカPhoto_5 
体中のまだら模様が特徴的なマダライルカMadrairuka
1月に仲間入りしたばかりのアルビノのバンドウイルカPhoto_6
スジイルカとマダライルカは飼育が大変難しく、水族館ではではあまり見ることのできないイルカたちです。また、こちらも大変珍しいアルビノのバンドウイルカ、だいぶ環境にも慣れてきたようで、元気に成長中です。

是非この機会にイルカたちに会いに来てくださいね!

*******************************************************************

「小型イルカのフィーディングタイム」

開催日 : 4月26日(土)~5月6日(火)
時間   : 16:30~(約10分)
場所    :  海洋水族館マリナリュウム屋上

2014年2月28日 (金)

カミクラゲが仲間入り!!

今年は各地で大雪が降ったりと、一段と厳しい寒さの冬となりましたね。3月に差し掛かり、ようやく少しずつですが暖かい日が増えてきました。そんなぽかぽか陽気に誘われてか、最近では近くの港や湾内などでふわふわクラゲたちが泳いでいるのを見かけるようになりました。
そして、先日新しい種類のクラゲが当館に仲間入りしました!!

Photo_5

このクラゲ、名前を「カミクラゲ」といいます。
触手が髪の毛のように見えるその姿からこの名前がつけられました。
冬から春に湾内に生息するクラゲで、大きさは5センチほどになります。

写真では分かりずらいのですが、カミクラゲの傘の縁には赤い点のようなものがみられます。これは「眼点(がんてん)」といって光の変化を感じるための器官で人間でいう「目」にあたります。カミクラゲは光に反応して泳ぎ回っています。
泳ぐ姿は、ミズクラゲのようにふわふわ漂うというよりは、ポンポンと飛び跳ねるようなイメージでしょうか。

ちなみにこのカミクラゲ、日本固有種のクラゲで詳しい生態はまだわかっていません。
カミクラゲのように、クラゲという生物は私たちの知らないことが多い未知の生き物です。
そこがクラゲの魅力だなぁと改めて感じながら、日々成長を見守っていきたいと思います。

皆様も是非、この幻想的で不思議なクラゲたちに会いに来てください。

2014年1月24日 (金)

どんな感触?アカエイとナヌカザメ

海洋水族館マリナリュウム前に設置されている“タッチングプール”には現在アカエイとナヌカザメを展示しています。

もちろんタッチングプールの名の通り、直接動物に触ることができ間近で観察できます。
どんな肌触りでしょうか。少し触ってみました。

Dscn2041
まず、ナヌカザメから…もちろんサメですからサメ肌でザラザラしていました。
堅そうなイメージでしたが思っていたより柔らかく、お腹のあたりはぷよぷよしています。
体表の黒いはん点の模様もはっきり見ることができました。

ナヌカザメは最大体長1.2m。夜行性で小魚やエビやカニなどの甲殻類、イカやタコなどを食べています。当館では魚の切り身やイカを与えています。
危険を感じると海水や空気を吸い込んでお腹をふくらませる習性があり、敵に体を大きく見せたり、ふくらんだことにより岩の隙間に体を固定させて身を守るそうです。

Photo
黒いはん点模様は岩の陰などに身を隠すためのカモフラージュの役割があります。
あまり動かず、おとなしいサメです。

つづいてはアカエイ。
ご存じの方も多いと思いますが、アカエイは毒をもつ動物です。
よく触っても大丈夫なの?とお客様から聞かれることが多いのですが、タッチングプールにいるアカエイたちは毒がある棘は取ってありますので触っても大丈夫なんです。

体表はぬるぬるしていて、羽ばたくように動く胸びれの動きもよく観察できました。

Img299

アカエイは北海道南部から東南アジアまでの広い範囲に生息し、最大2mになる比較的ポピュラーなエイです。アカエイは尾の棘に毒があることで知られており、海で出会ってしまった場合は注意しなければなりません。

Dscn2044
また、タッチングプールで動物に触る際はやさしく触り、プール(水面)から持ち上げたりしないようにお願いします。

みなさんも、ただ見るだけでなく実際に触って海の生き物を身近に感じてみませんか?

2013年12月30日 (月)

マリナリュウムのお正月

今年も残すところあとわずかとなりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、当館奥にあります海洋水族館マリナリュウムでは、来年の干支である午にちなみタツノオトシゴの展示をしております。
「午年なのになぜタツノオトシゴ?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実はこのタツノオトシゴ、英名ではSea horse(海馬)、日本でもウミウマ、ウマノカオと呼ぶ地域もあるんです。
顔をよく見てみると、確かに馬に似ていますよね。

Tatunootosigo
また、タツノオトシゴは魚類では珍しく、同じパートナーと生涯を共にします。
そして、オスはお腹に袋を持っており、メスが産んだ卵をその袋の中で守るという独特な生態を持っています。
他にも、一度にたくさんの卵を産むことなどからも昔から縁結びや安産のシンボルともされてきました。

水槽横には、タツノオトシゴについて簡単に紹介もしていますのでぜひご覧くださいね。

Photo
本格的な寒さが続きますが、体調に気を付けて元気に新年を迎えましょう!!
来年もくじらの博物館をよろしくお願いいたします。

動物たちも元気いっぱいで皆さまをお待ちしております(*^-^)

それでは、良いお年を♪


******************************************************************
タツノオトシゴ水槽

展示場所 : 海洋水族館マリナリュウム2階
展示期間 : 1月13日(月)まで

2013年12月11日 (水)

こんなところに… ~小さなクラゲたち~

普段、私たちは泳ぎ回っているイルカやクジラに目がいってしまうことが多いのですが、水が透き通って底まで見えるこの季節、よーく海の中を観察していると様々な生物がいることがわかります。

先週、何気なく海の中を見ていたら、ある生物をたくさん見つけました。
それは小さなクラゲたち。少し足を伸ばしてみると、いるわいるわ…

P1100396

バケツやひしゃく、網とダイバーを引き連れて現場へ急行!
とりあえず、すくってすくって…たくさん採取することができました。

P1100412

このあと待っているのは選別作業です(^-^;

P1100413

魚類担当やクラゲ担当のスタッフが丸一日かけて種類を調べ、種類ごとに分けて…

全部で9種類のクラゲの仲間と2種類の魚の稚魚が見つかりました。
しかし、岸壁に流れ着いていたせいか多くは体がボロボロだったり、元気がなかったり(゚ー゚;

結局、水槽に入れることができたクラゲは3種でした。
せっかくなのでご紹介しましょう。

まず1種類目は…
ニチリンクラゲ (Solmaris rhodloma)

Dscn1415
本州の太平洋沿岸に生息するクラゲで、大きさは約3~7cmで、触手は傘よりも長くなります。比較的沖に生息し、 冬から春にかけて発生します。

2種類目は…
オワンクラゲ(Aequorea coerulescens

Dscn1407
主に春から夏にかけて日本各地の沿岸で見ることができ、お茶椀を逆さにしたような形をしています。最大20cm。水面に浮いてほとんど動きませんがエサは他のクラゲや小魚。現在は弱ってしまったニチリンクラゲを与えています…一番元気です。

3種類目は…
カラカサクラゲ(Liriope tetraphylla

Dscn1396

日本各地に生息し、大きさは0.3cm~3cm程。大量に沿岸に打ち寄せられることがあることがあるそうです。見た目に似合わず毒を持っています。

惜しくも予備水槽まで入れることができませんでしたが、他にもカブトクラゲ、オオカラカサクラゲ、ウリクラゲ、チョウクラゲ、ヤジロベエクラゲ、ヨウラククラゲの仲間がいました。

今のところ、オワンクラゲが順調のようですが展示できるかは未定です(゚ー゚;
少しでも良い状態で飼育できるようにバックヤードでクラゲ担当者は奮闘中です。

みんさんも、目線を変えると思わぬ生物に出会えるかもしれません。

2013年9月 6日 (金)

“遊ぶ”大切さ。

マリナリュウムで8月31日まで開催されていた特別企画の「熊野灘ウォッチング」が終了し、スジイルカやマダライルカたちはどこかのんびりしているこの頃。

1
スジイルカの「ホーク」ものんびり~
撮影しているのも気付かず、寝ながら泳いでいました。

エサの時間も1日4回。
トレーナーと関わる時間も少なくなりがちでした。

実は、少し前から魚を追いかけてくわえようとしたり、壁に追い詰めたり…と魚をいじめてしまう行動が目立ち、魚類の担当者をヤキモキさせていました。
どうやらターゲットの魚を決めて遊んでいるようです。時には食べてしまうことも…(;ω;)

このままでは魚たちに悪影響が出てしまいます。
そこで行ったのが遊ぶ時間を増やすこと!

3
マダライルカの「ククナ」は水中で遊んでもらうのが超大好き!!
ものすごく甘えてきます。

2
ときにはトレーナーの上に乗っかってきたり、他のマダライルカと遊んでいると間に割って入るなど、もみくちゃになることもありました(;;;´Д`)

4
抱きかかえたりしてもまったく動じないククナはぬいぐるみ状態。
本当に遊んで欲しかったようですヽ(´▽`)/

エサをあげたり、訓練するだけじゃなく、このように“遊ぶ”ことも大切なコミュニケーションの一つなんですよ。

他のマダライルカたちは最初は怖がっていましたが、慣れた今は楽しそうです(*^-^)

ククナのアタックがひどいときはうらやましそうにしています。
遊ぶトレーナーを増やさなくてはいけません…( ̄Д ̄;;

一方、スジイルカのホークは見ているだけ…トレーナーの近くに行くのがまだ怖いようです。
いつ来てくれるかなと楽しみです。

5
イルカたちが退屈しないような環境を目指してこれからも頑張ります!